ライブ・ビューイング・ジャパン : ボリショイ・バレエ in シネマ 2017

ニン ルー セルゲイ ポ

再び彼が注目を集めたのが、写真家デヴィッド・ラシャペルが監督したホージアの「Take Me to Church」のミュージックビデオ。 スワルニダは懲らしめのため、フランツと策を思いめぐらす。 最初は地元の小さなバレエ学校で習い始めたものの、息子の才能を信じた両親は、ウクライナの首都キエフの有名なバレエ学校に入学させます。

限られた空間の中で、宙に浮いているかのようにダイナミックなジャンプをバンバン繰り広げたかと思ったら、突然頭を抱え転がりまわったり、空気を求めるように窓へ走り寄ったり… () 才能に恵まれ成功を勝ちとり、いい陽気で緑がそよぐ窓の外の世界のような輝かしい未来があるのだから、ただまっすぐ進めばいいのに…と傍目には思いますが、本人は囚われている何かからどうしても自由になれず苦しんでいたのかもしれません。 皆が彼を糾弾したり、個々が彼を罰することに意味はないと思う。

人気の絶頂で電撃退団!セルゲイ・ポルーニン、天才バレエダンサーの素顔とは

ニン ルー セルゲイ ポ

血のにじむような努力とともにバレエダンサーとして輝かしいキャリアを歩んできたポルーニンですが、それは 失敗することも他の道を選ぶことも許されない中でのことだったのです。 やがてキエフの学校よりも将来性のあるイギリスの名門ロイヤル・バレエ学校に転校を決め、13. (2011年ローザンヌ国際バレエコンクール・コンテンポラリー部門・Mayara Magri) ミーハー丸出しに浅い知識をひけらかさせていただくと、ミュージシャンが音楽で全てを表現するように、 ダンサーは踊りで全てを表現します。 トップダンサーの地位を築いていく一方で、それにふさわしからぬ行動も。

7
そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。 それがバレエ団だったのか、バレエそのものだったのか、はたまた別のものだったのか。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 : 作品情報

ニン ルー セルゲイ ポ

アレクセイ・ラトマンスキーはワシリー・ワイノーネンの「パリの炎」再演でボリショイが誇る溢れるようなエネルギーと燃えあがるような情熱を最高にしかも正確に描写することに成功した。

15
アルブレヒト役を演じるセンセーショナルなダンサー、セルゲイ・ポルーニン。 セルゲイ・ポルーニンは、英国ロイヤルバレエ団における史上最年少プリンシパルに起用されたことで一躍有名となった。

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』|チャコット

ニン ルー セルゲイ ポ

ウクライナ出身の世界的バレエダンサー。 この裏には、セルゲイの心の葛藤があったのですが、この知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー映画が日本でも7月に公開されます。 映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』の先行上映会、そして招待された1,000名の前で『Take me to Church』をステージで踊るプレミアイベントを開催しました。

19
セルゲイは13歳で親元を離れて、イギリス・ロンドンにあるロイヤル・バレエ学校に入学します。 薬物、酒、乱痴気騒ぎ……。

2017/君も、特別。セルゲイ・ポルーニン編

ニン ルー セルゲイ ポ

バレエ界の天才、でも問題児? セルゲイは、英国ロイヤル・バレエ学校でも突出した才能を見せ、国内外の大会で様々な賞を受賞。

ボリショイバレエの前芸術監督アレクセイ・ラトマンスキーは人々から愛され続けてきたシェイクスピアの古典「ロミオとジュリエット」の演劇性に強く啓発され今回あらたに改訂版をボリショイで初演。

ライブ・ビューイング・ジャパン : ボリショイ・バレエ in シネマ 2017

ニン ルー セルゲイ ポ

しかし、そのありあまる才能と英国のバレエ界での自身の存在が、すみやかに調和することはなかった。 国際的に高い評価を受けるコレオグラファー、ジャン・クリストフ・マイヨーはシェイクスピアのドタバタ喜劇をボリショイ・ダンサー特有のユーモア、ノンストップの躍動感、スリリングな振り付けで見事な舞台へと導いた。

7
4歳から体操を始め、9歳でキエフ国立バレエ学校に入学。

セルゲイ・ポルーニンはどんな人?バレエ界の異端児、映画「ダンサー」も公開予定

ニン ルー セルゲイ ポ

確かにがっかりしたし、悲しく思った。

映画出演も決定しており、ケネス・ブラナー監督、ジョニー・デップ主演の『オリエント急行殺人事件』、ジェニファー・ローレンス主演『Red Sparrow』、レイフ・ファインズ監督によるヌレエフの伝記映画『The White Crow』などが待機中。