【剣盾ダブルバトル】こめきちの環境考察【ジュラルドン】

ジュラルドン

みずタイプを半減するもののポケモンずかんの説明文において「錆びやすいのが欠点」「雨が苦手で洞窟に棲む」と記されているのは特防が低いことにちなんでいるのではないかと思われる。 以上がセキタンザンのざっくりとした説明で、今回はこのを始点に構築を組みました。

16
25倍」くさ 「効果なし」どく 性格 ひかえめ 努力値振り HP252、特攻252、特防6 道具 とつげきチョッキ 技構成 メタルバースト、ラスターカノン、10まんボルト、りゅうせいぐん こちらは耐久力を意識しており、 低い特防を高めるために「とつげきチョッキ」を採用しました。 一度使うだけで毎ターン相手のHPがゴリゴリ削れていく。

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ジュラルドン

特攻も『120』と高めで、弱点保険が発動すれば特性:筋金入りと合わせてなどに妨害されずに試合を有利にしていけます。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 冠の雪原の攻略情報. さらに、両受け型にする事で、サイクル戦にも強く使えます。

残りは突撃チョッキ込みで両受けができるように振り分けました。

【剣盾ダブルバトル】こめきちの環境考察【ジュラルドン】

ジュラルドン

性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 また、もともとの防御種族値が高いというのも1つの理由です。

16
錆びを招く苦手な雨を避けるため、主にの洞窟などに生息しており、形状の異なる両手で岩肌を削り取って食べている。

【剣盾ダブルバトル】こめきちの環境考察【ジュラルドン】

ジュラルドン

ダイスチルによる防御上昇とあくびを絡めて相手のアタッカーを自由にさせないようにし、トリックルーム状態での相手の勢いを抑えることを狙います。 耐性も優秀だしチョッキ持たせるのもったいないな〜思って作りました。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。

15
耐久を確保するためにHPに全振りすることはほぼ確定で、素早さは最速ラフレシアを抜くことができる値に設定しました。 特殊技で弱点を突ける「」や「」などで攻撃することで大ダメージを与えることができます。

【剣盾ダブルバトル】こめきちの環境考察【ジュラルドン】

ジュラルドン

一方、隠れ特性の「 」は初登場。 マンガにおけるジュラルドン ポケモンカードにおけるジュラルドン• つまり、 が発動するとセキタンザンは一瞬で超高速に変貌します。

6
どちらも今までは限定であり、この二つの特性を通常特性として持ち、尚且つどちらも備えているのはジュラルドンが初めてである。 このは特性の ばけのかわやで時間稼ぎも可能であり、キョダイフンセキとのが半端じゃないです。

【ポケモン剣盾】「ジュラルドン」のシングル・ダブル単体考察まとめ【ソードシールド】

ジュラルドン

投稿者:ペンギンのおやこ• 2020-12-01 18:00:00• 当然専用キョダイマックス技も使用できなかったが、これはダイドラグーンとの演出差別に加え、キョダイゲンスイの『相手の技ポイントを減らす』という非常に地味な効果をアニメで表しづらかったのが原因と思われる。

20
この為取れる型も多く存在し、役割を読まれにくいという利点がある。 相手のダイマックス技も防げるが、自分がダイマックスすると分身が消える。

【剣盾ダブルS4】ドラパルト&セキタンザン+球根ジュラルドン【瞬間16位】

ジュラルドン

もくじ• 十分にとくこうが高いポケモンであればとつげきチョッキ持ちでも 等倍以上の攻撃でかなりのダメージを与えることができます。 選択枠は自分のパーティーを補える技を選ぶと良いと思います。

1
持ち物 今回の型は 両刀かつ両受けもできる万能型なので、低い特殊耐久を補うために突撃チョッキを採用しています。

【ポケモン剣盾】ジュラルドンの育成論と対策

ジュラルドン

こちらはPPを 3削ることができるため、効果だけ見ればキョダイゲンスイの完全上位互換となってしまっている。 ダイマックスとの相性は良くないが、攻撃に努力値を振らずに使える「」「」で特殊受けの意表を突く事も出来、特防の低さを突いてきた特殊アタッカーに「」「」で一矢報いる事も出来る。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 ソード・シールド Lv. 技構成としては、特性により安定範囲打点となる、起動用の、追加効果も強力なを採用。

16
ここだけの話、命の珠を持たせるならもしかしたらHPを10n-1調整した方がよかったかもしれません. ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。