【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

5 月 トラフ 南海

ということで、地震が起こるのは午後4時以降と見ます。

その亀裂を横にして見ると、日本を象徴する桜の木の形をしていましたので、日本の原子炉の事故だとわかる形になっていました。

過去に南海トラフ地震が5度起きた12月 年末は他の地震も多く発生(福和伸夫)

5 月 トラフ 南海

大規模な地震と火山活動は、密接な関係があるとされており、この年に南海トラフ地震が起こるのではないかと言われているのです。 気象庁は7日、静岡県を含む南海トラフ沿いの主に11月の地震、地殻活動に関し、「大規模地震発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」とする「南海トラフ地震関連解説情報」を発表した。

11
さらに、被害を受けた施設の復旧費用や企業や従業員への影響も加えると、経済的な被害は国家予算の2倍以上にあたる 総額220兆3,000億円に上るとされています。

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

5 月 トラフ 南海

それを避けるには、首都直下地震のあとできるだけ早く南海トラフ巨大地震を起こす必要があるはずです。

「激しい揺れが日本全体を襲い、その一週間後に首都直下型地震が発生する」 「日本は、大打撃を受けるだろう」 と予言していましたが、これも2020年となり予言が外れています。 最も最近のものは、「1944年の東南海地震」と「1946年の南海地震」です。

気象庁|南海トラフ地震に関連する情報

5 月 トラフ 南海

原発事故の預言者 東日本大震災の原発事故を予言していた人が、「富士山が噴煙」を上げているのを感じ取ったと発言しています。

16
また、上記(1)の期間に同地域及びその周辺のGNSSのデータでも、わずかな地殻変動を観測しています。

11月3日か11月5日に南海トラフ人工地震が起こると再び話題に

5 月 トラフ 南海

僕も当時震度5の地震は初めての体験だったので、地震に対する強い恐怖感が生まれたことを今でも覚えています。 GNSS観測によると、2019年春頃から四国中部でそれまでの傾向とは異なる地殻変動が観測されています。 それを促すための「予言」であると思っておきましょう。

5
5」は、11月5日に南海トラフ巨大地震と富士山の噴火を起こすという予告である。

気象庁|報道発表資料

5 月 トラフ 南海

この『日経BP 2015 世界はこうなる』を入手しましたので、ここでご紹介し、私の意見を述べさせていただきます。

17
この機会に、気象庁がまとめた南海トラフ地震の話を見ておくことをおすすめします。 いつ起きるか分かると言っている人は、あなたをだまそうとしている人です。

南海トラフ地震対策 : 防災情報のページ

5 月 トラフ 南海

和歌山県串本町総務課の枠谷徳彦 防災・防犯グループ長: 平日の昼間だと、皆さんお仕事されたり、そういう状況で発表された時に、どういう対応をするかというのは、今後考えていく課題になってきます。 (これら情報の内容は、本年3月29日の報道発表でお知らせしたものです) このうち、「南海トラフ地震臨時情報」については、情報の受け手が防災対応をイメージし適切に実施できるよう、「巨大地震警戒」等の防災対応等を示すキーワードを情報名に付記します。 対策次第で被害軽減可能 一方で早めの避難や防災対策によって被害が軽減される効果も示されています。

17
……ところで地震の日に関してなのですが、ご存知のことと思いますが、以前話題になった「日経BP 2015世界はこうなる」というムック本の表紙に、3. 予言者本人以外に、周囲がもりあげるのも特徴で、その周囲の人たちもお金もうけの仲間です。 富士山は日本列島のシンボルとして日本人の心のよりどころとなってきた象徴的な山ですので、それを噴火させることで日本人の心に大きなダメージを与える効果を狙っているものと考えられます。

【2020年】南海トラフ地震は発生するのか?予想&予言

5 月 トラフ 南海

このため、防災計画などにおける被害想定は変更せず、引き続き対策を推し進めていくとしています。 2019年5月1日が危ないかもしれないと当時話題に!! 当ブログでは、2019年中の南海トラフ地震などの巨大地震を示唆するであろう予言の記事ご紹介してきました!その中でも 松原照子氏の2019年5月1日説も話題になりましたね! 魔の水曜日&祝日が重なる日は要注意! 松原照子氏のブログの中で、南海トラフ巨大地震について触れたとされる記事を抜粋してみました。 が、もう一つ、この矢によって攻撃されるのが日本であると解釈できる理由があるのです。

14
不安を煽りたいとかそういった人ではありません。

気象庁|南海トラフ地震に関連する情報

5 月 トラフ 南海

」という啓示を受けたとされています。 (長期的な地殻変動) GNSS観測等によると、御前崎、潮岬及び室戸岬のそれぞれの周辺では長期的な沈降傾向が継続しています。

13
いずれにしましても「首都直下地震が引き金となって富士山の噴火と南海トラフ巨大地震を引き起こした」という理屈になるものと思われます。 ** 本文 ** 本日(12月7日)開催した第38回南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、第416回地震防災対策強化地域判定会で評価した、南海トラフ周辺の地殻活動の調査結果は以下のとおりです。