ドラクエ映画版キャストに批判 声優じゃなく佐藤健、有村架純、波瑠の理由

炎上 ドラクエ 映画

……理由はいくつかは考えられるが、どれもこのモヤモヤがスッキリするほどのものとは言い難い。 最後にはウィルス(ミルドラース)を、スライムからもらったロトの剣のようなワクチンで倒す展開には、良くも悪くも驚きました。 結婚したいという役割を捨てて主人公のために動いたフローラの想いも理解はできる。

17
それまで一緒に行動してきた ビアンカや息子などが、実はプログラムだったとか言われても萎えるだけです 笑 終盤のどんでん返しの展開は、驚きというよりも困惑や落胆といった感情が大きく勝ってしまい、その後のエンディングまでは一気に熱が冷めた状態で映画を見ていました。

映画「ドラゴンクエスト」を小説版作者が提訴 キャラ名を無断使用か

炎上 ドラクエ 映画

そして、 ウイルス自身が、また不明の存在だ。 それは論じるまでもないのだが、どうして「映画全体への怒り」にまで及んだのか?そこにはまず、観客の心の動きから考えていく必要がある。 112• スライムの登場が毎回ゲーム的な表現だったこと• スライムの登場が毎回ゲーム的な表現だったこと• この映画の主題はラスト10分で、一方的に語られ続ける。

17
そこで、あのラスト10分間を迎えたのだ。 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』より スクウェア・エニックスが手掛ける国民的RPGゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』を3DCGアニメ化した映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が8月2日に公開され、週末の映画ランキング(興行通信社調べ)で4位を記録。

ドラクエ映画版キャストに批判 声優じゃなく佐藤健、有村架純、波瑠の理由

炎上 ドラクエ 映画

始めからちゃんとテーマに合わせた伏線を張っていたならまだ分かるんですが、すごく雑。

14
840• はっきり言うと最悪のオチでした。 オリジナル要素の稚拙さ(ラスボスの動機・伏線の薄さ)• ドラゴンクエスト ユアストーリーは最後の最後に大きなどんでん返しある作品なので昔から好きな人にはぜひ見てもらって胸クソ悪い感情で劇場を後にしてもらいたいです. まさかあんな展開が待っているなんて。

ドラクエ映画が酷評されているようです(´・ω・`)

炎上 ドラクエ 映画

単純に ゲマを倒して、ミルドラースを天空の剣で再度封印というENDで良かったのではないでしょうか? 現在、ドラクエ映画(ドラゴンクエストユアストーリー)の感想が賛否両論になっている、最も大きな原因が物語の終盤に関係しているのは間違いないでしょう。 目の前で討たれる父、長い奴隷生活とそこからの脱出劇、揺れる恋心、結婚と出産……そして石化され何もできない苦しい時期を乗り越えて、勇者である息子と共に因縁の相手を倒しに行く。 でも、あの主張は「ウイルス」がするものだろうか……? それは観客に何かを伝えたかった製作陣の「甘さ」のように感じてしまう。

12
あの劇場で観た「スライムの可愛さ」「モンスターの躍動感」「リュカの生き様」への感動を、暗い思い出にしてしまわないためにも。

ドラクエ映画版キャストに批判 声優じゃなく佐藤健、有村架純、波瑠の理由

炎上 ドラクエ 映画

天空人の血を引く勇者と天空のつるぎがあればゲマを倒せること、そして、リュカがその勇者であるとパパスが信じていることを知ります。

もうひとつは、ただシンプルにストーリー・出来事を描き、それを受け止めた観客がどう考えるかに委ねる方法。 283• 原作が主軸に置かれていなかったことによる不完全燃焼感• 技を習得しないバグとか、こんなんプレイすればすぐ分かるだろってバグもありましたからね。

『ドラクエ11S』岡本プロデューサーの発言で炎上していた模様……。クラシックダンジョン戦国を思い出す出来事。

炎上 ドラクエ 映画

原作ファンだった私も早速映画を見に行きました。 ただ、個人的に驚いたのが終盤でのゴンズとジャミのあつかいです。 まずはなんと言っても、物語終盤(ラスト・オチ)への展開ですよね。

9
「さらに映画が公開された当日、『小説ドラゴンクエストV』(エニックス/現スクウェア・エニックス)の作者・久美沙織氏がTwitterで『2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会さまを提訴しました』と、発表。 ゲームとしてのお話をそのまま別の形で表現しても 面白さに欠けるだろうと思って断ったことがありました。

ドラクエ映画の感想が面白くない(酷い)衝撃の理由やオチの反応まとめ!

炎上 ドラクエ 映画

526• 売り言葉に買い言葉で暴言吐いたらそれで終わりですからね……。

10
でも、例えばブオーンの時系列改変は、個人的にはとても練られた演出だと思った。 この映画の存在自体、VRの中の出来事と思いたい。