鹿児島県/種子島警察署

枇杷島 警察 署 西

施設基本情報 施設名 種子島警察署 ふりがな たねがしまけいさつしょ 施設分類 官公庁 所在地 鹿児島県西之表市西之表16381-9 電話番号 0997-22-0110 開店・営業時間帯 8時30分-17時15分 基本的には24時間体制 駐車場情報 駐車場の有無 あり(無料) 駐車場の形態 平面駐車場 障がい者駐車場スペース あり 送迎可能エリア あり 施設までの路面状況 アスファルト パーキング パーミット 駐車場 1台 その他 駐車可能台数は60台で大型バス等のスペースはありません。 曜日や時間帯にもよると思いますが、わたしが行った時(平日9時半ごろ)は空いていて、手続きも10分程度、講習も4人のみで、とても快適でした。

1
講習終了証明書等(高齢者講習や特定任意講習等を受けた人のみ提出。

西枇杷島警察署

枇杷島 警察 署 西

そして、 平日のみしか対応がないことでしょうか。

5
高齢者運転者で自動車学校での講習を完了された方• ) 講習時間及び手数料 講習時間 免許更新に際して所定の更新時講習を受ける必要があり、 講習の区分によって講習時間は次表の通り異なります。 ) 免許更新の期間 自動車の運転免許証が更新できる期間は、運転免許証の表面の帯(金色・薄青・黄緑)の部分に記載されている 有効期間が満了する日の直前の誕生日の前後1か月間の期間とされています。

西枇杷島警察署での免許更新|運転免許証の更新手続

枇杷島 警察 署 西

更新手数料・講習手数料 免許更新にあたっては、所定の 更新手数料と講習手数料がかかります。 ) 警察署での免許更新のデメリットとしては、 免許を即日受け取れないので、取りに行く手間、または郵送してもらう料金(800円)が必要になること。

2
更新手数料 2,500円• 刑務所に入所して免許更新ができなかった場合の証明書類 運転免許証は定められた期間内に更新の手続きをしなければ失効してしまいます。 料金を払う• 西枇杷島警察署の所在地及び連絡先電話番号 新型コロナウィルス対策としての免許更新期限延長措置 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、 免許更新期限が令和2年3月13日から12月28日までの人が、更新期限前に運転免許センターや警察署等に申し出れば、期限後3か月間は運転が可能になる特例措置が実施されています。

西枇杷島警察署管内の免許更新

枇杷島 警察 署 西

師勝交番(北名古屋市鹿田合田)• (免許を郵送してもらう場合は、封筒への住所氏名の書き込みもします。 清須市• すでに更新期限を延長した人であっても、延長後の更新期限がこの期間中であれば再延長ができます。

19
西枇杷島警察署管内の免許更新 運転免許証の更新手続き 自動車のドライバーが運転免許証を更新する場合には、更新期間内に住所地を管轄する公安委員会の行う適性検査(視力検査など)を受ける必要があります。 なお、質問票はうつ病やてんかんなどの病気の症状に関するもので、虚偽記載は罰則あり。

運転免許更新業務について重要なお知らせ(令和2年11月2日より施行)

枇杷島 警察 署 西

通常は道府県の「収入証紙」(交通安全協会の窓口などで販売しています。 免許郵送料 800円(郵送してもらう場合のみ) 料金を支払い、申請用紙の記入をします。

14
眼鏡等(免許の条件によってはメガネまたはコンタクトレンズ・補聴器が必要です。

西枇杷島警察署の免許更新手続の案内

枇杷島 警察 署 西

現在所持している運転免許証• ) ただし、次の人は聞かれてなかったので、係の人によるようです。 講習終了証明書等(高齢者講習や特定任意講習等を受けた人のみ提出します。 優良運転者講習だったので30分ですみました。

4
でも、現在平針運転免許試験場は建て替え工事をしていて、平成33年春頃まで駐車場が使えません! 我が家から平針までは、バスや地下鉄だと乗り換えが数回あって、時間もかかり大変です。 先日運転免許更新のお知らせハガキが届きました。

西枇杷島警察署管内の免許更新

枇杷島 警察 署 西

たとえば、11月1日が誕生日の人が「平成35年11月01日まで有効」と記載された免許証を持っていた場合を例にすると、 いつから: 誕生日の1か月前の10月1日から いつまで: 誕生日の1か月後の12月1日まで の期間に所定の免許更新手続きをしなければならないことになります。

6
step 3料金を払う 横の窓口で料金を支払います。 また、時間がかからず、すぐに済むので、平日の仕事中にちょっと抜けて…というのもできそうです。

県内の警察署【新潟東警察署】

枇杷島 警察 署 西

暴走行為などの禁止 集団で自動車の走行をする場合には、ジグザグ運転や巻き込み運転など、ほかの車に危険を生じさせたり、迷惑を及ぼすこととなるような行為をしてはならないこととされています。

眼鏡又はコンタクトレンズ(免許の条件に「眼鏡等」と記載がある場合のみ。