【カワサキ KLX230 試乗記事】ジャストサイズの新型トレールがデビュー 試乗インプレ・レビュー

Klx230 カワサキ

250よりひと回りコンパクトで125よりはひと回り大きな車格は、幅広いフィールドで活躍。

20
「よくぞ出してくれた!」と、カワサキに言いたい。

生産終了となるセローの代わりになるか!? オフロードバイク【カワサキKLX230試乗】

Klx230 カワサキ

乗ってみると、コンパクトで軽量な車体と扱いやすいエンジンで、ビギナーにも親しみやすいフレンドリーな乗り味であることがすぐにわかる。 北米の需要に対しては、KLX230Rというファンライドレーサーを、アジアの需要に対してはKLX230というストリートリーガルを同時開発。

9kgf・mは、6,100回転で発揮するので、中低速トルクに粘りのあるエンジンです。

Always KAWASAKI Vol.1

Klx230 カワサキ

ぶっちゃけ、これだけでセローのようなフレンドリーさを目指したバイクでないことが解ります。 でもKLX230は、僕を含めた普通のライダーにとって、エンジンも車体も絶妙と言いたくなる設定だから、ジャンプしたりリアを流したりといった行為が、臆することなく、楽しく行えるのだ。 そういう意味でKLX230は、オンロードで言うスーパースポーツ的なところがあるのだ。

1 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 2. この辺りは、キンキンに回ると同時にかなり硬質な振動を感じさせた、かつてのKLX250のフィーリングとは正反対のものだ。 ぶっちゃけ、身長が173cmある筆者でもCRF250Lだと爪先が両方つく程度です。

とにかく遊べる軽二輪!カワサキKLX230試乗インプレ【新車プレゼントキャンペーン実施中】

Klx230 カワサキ

正立式のフロントフォークはかなり細身で、中央部に蛇腹式のカバーを装着している さらに、前後のABS付きディスクブレーキにもこだわりがある。 ・当選の権利はご本人様に限り有効とさせていただきます。 ハンドルは自然に手を伸ばしたところに設置されているし、着座位置は状況に応じて自由に選択できるし、膝や足首の曲がりは緩やか。

18
決してアンダーステアではないのだが、ソフトにヒラヒラ曲がるタイプではない。 でも僕自身は、足つき性が悪くなるのを承知で、座面が高くて硬くてフラットなシートを採用したこと、公道仕様ではあっても、オフロードでの操縦性を犠牲にしなかったことに、カワサキの漢気を感じた。

操るおもしろさにハマる! カワサキのオフロードバイク「KLX230」の魅力を語らせてくれ!!

Klx230 カワサキ

このバイクはオフロードを楽しむためのバイク、もっと正しく言うなら、オフロード経験が豊富ではない僕のような普通のライダーが、アクセルをガンガン開けてオフロードを楽しむためのバイクなのだ。 トレールバイクは、オフロードプレジャーを重視すると高速道路で神経質な面が出ることがあるが、さすが2019年の新型車、その点に関しては完全に解決していると断言できる。 この特性から察するに、保安部品を装備しないRは、一般的なライダーよりオフロード経験が豊富でも、KX250は敷居が高いと感じるライダーにとって、絶妙な設定になっているに違いない。

20
カワサキプラザ東京大田です。

カワサキ KLX230 :レッドバロン

Klx230 カワサキ

特性はスーパーフラットなので、トルクが落ち込むようなこともなく、誰もが思う存分にスロットル操作を楽しめる。

3
それに、スリムな車格が加わって250クラスより寝かせやすいのもポイント。 これは開発を指揮した和田さんが、歴代のKDXやKLXを乗り継いできた筋金入りのオフロードバイク好きだからで、ダートでの走破性を重要視したからだ。

【カワサキ KLX230 試乗記事】ジャストサイズの新型トレールがデビュー 試乗インプレ・レビュー

Klx230 カワサキ

競技専用車両として、AMAモトクロスの王座をほしいままにしてきたKX450・KX250(2019年は250クラスでアダム・シャンシャルロがチャンピオンを獲得)。

14
オフロードを純粋に楽しみたい人に、ぜひおすすめしたい一台だ。

カワサキ KLX230 :レッドバロン

Klx230 カワサキ

エンジンはスムーズな特性とし、どこかが突出しているのではなく車体パッケージ全体のバランスに優れるよう設計しています」(和田さん) シート高は885mmで、身長175cm/体重64kgの筆者だと、片足だけを地面におろしてもツマ先立ちになる。

13
初めに登場したのは、日本ではなくインドネシア市場(2019年春)で、欧州への導入に続いて、2019年10月15日から日本国内での販売も開始された。

カワサキ KLX230 :レッドバロン

Klx230 カワサキ

また、KXシリーズで培った技術を踏襲し、人間工学に基づきマシンコントロール性が高いスリムさやアグレッシブなデザインを採用。 KLX230 の新型の特徴は?セロー250と比べてどこが違うの? KLX230は、東南アジアで人気のKLX150の上位機種にあたり、普段使いや、ツーリングもできるのですが、 本格的なオフロード走行が得意になります。

11
・未成年の方は親権者が応募規約に同意いただいた上で、応募をお願い致します。 ・ 完全新設計になった二つめは、 高張力鋼ペリメターフレームの採用です。