「ケータイ小説」現役女子高生に『恋空』を読んでもらった感想が笑えた!

小説 ケータイ

以下は、主に当時主流であった恋愛小説としてのケータイ小説の解説である。 概要 多くはの~くらいの者が用のなどにするのこと。 大賞 - 「」• トーハンの07年単行本文芸部門ベスト10の半数がケータイ小説。

18
ブックパス賞 - miNato「また、キミに逢えたなら。 「デフレカルチャー」 第2回 「ケータイ小説とチックリット」. 2008年1月16日時点のよりアーカイブ。

ケータイ小説(おりおん☆)

小説 ケータイ

このガラケーは実際に筆者が過去に使っていたもの。 音楽:• ケータイ小説のブーム [ ] その後、無料ホームページ作成サイトの魔法のiらんど上での素人による小説投稿のブームが発生し、そこからの『』を皮切りに美嘉の『』やの『』といった作品が人気となり、やはり書籍化されるとベストセラーとなった(魔法のiらんどへのアクセスが急増した背景には、当時制が普及したことがあると考えられる )。

2
例えば、ライトノベルはの世界を舞台としその読者は虚構と現実の区別をつけながらもその空想の世界を享受しているが、リアル系ケータイ小説はファンタジー性を排した実話テイストの物語であり、大人からすれば非現実的な展開の物語であっても読者はそこに現実を重ねて読んでいるという。

ケータイ小説とは

小説 ケータイ

ただ単に、メディアがごり押ししまくったのが恋愛物であったというのが実態である。 公式応募サイトもしくはフリー応募制に参加するサイトで公開され、ケータイで閲覧可能であること。 これを02年末に引き継いだがわずか半年間で4部作で累計100万部を売った。

あれだけ流行したケータイ小説文化は、一体なぜ廃れてしまったのでしょうか。

ケータイ小説(おりおん☆)

小説 ケータイ

そして批評家のは、『恋空』を例にとって、そこには通常のストーリーの水準のリアリズムではなく、登場人物が行う形式的な携帯電話の操作ログの集積という形でのリアリズムが存在すると述べている。 優秀賞 - 「」、「」• この大ヒットを機に中学生から20代の女性向けに同世代の書き手が発表するケータイ小説分野が活況を呈する。 高橋忠明:• ケータイ小説とは、によってされによって閲覧される(ことが多い)の一つである。

4
大賞 - 「」• JOY SOUND賞 - kiki「あたし彼女」• 2013年7月24日閲覧。 読者から直接的に反応を受け取ることができるということが作家にとって執筆の強い動機付けとなる反面 、人気ランキングで上位に入る小説を連載していたにもかかわらず、内容に読者からの批判が集まったことがきっかけで執筆を途中で断念してしまうようなケースもある。

ケータイ小説 (けーたいしょうせつ)とは【ピクシブ百科事典】

小説 ケータイ

キーワード検索の場合は二次創作も出てくる。

18
作風の変化は野いちごのように子供も読むことを考えてストーリー上不必要な性描写を禁止していることやは若者の性行動への関心が減退、親などへの反抗心も薄らぎ若年層のクリーン化で性、暴力描写がソフトになったと指摘、好まれる男性像が2015-2016年頃から強引な俺様系からクールや無気力系のようだがヒロインには一途なタイプに変化、ヒロインを大切にしないと読者にうけなくなっている。 芽衣は、美亜への呵責と対処に悩み、さらに、をもったアツシの現在の彼女・麻美からの嫌がらせにも苦しめられる。

赤い糸 (小説)

小説 ケータイ

実際、ケータイ小説がヒットするきっかけとなった『Deep Love』では、これらの大罪全てが描かれている。 著名人の意見 [ ] ケータイ小説は文学か [ ] 「ケータイ小説はか」といったことが議論の対象となることがある。 赤い糸 destiny [ ] あるとき、昔の友人が集まった。

また、物語の結末については、ハッピーエンドが終わるのがお約束となっているハーレクイン・ロマンスに対して悲劇的な結末の多いケータイ小説という意味では対照的であるが、恋人の死によって永遠の愛を手にすることができると考えれば両者は同じこと裏返しであると考えられる。 - 『』• ミヤビ:(第2作のみ) 脚注 [ ]• 童話ジャンルはページ数制限はなし 第3回のみ 公式応募サイト [ ] 第1回は、第2回よりが主催し、応募を受け付けている。

ケータイ小説とは

小説 ケータイ

のぶサン:(第2作のみ)• なるみ:LINEスタンプみたいな感じですか? 筆者:まあ、そんな感じですね(笑)。 - 『』『』• 共催公募サイト• サイトにて、自分で書いた小説を投稿し、読者はそれらの作品を読むことができるという仕組みです。 日本国外での動向 [ ] 2008年4月に『』で発表された学際情報学府の金ヨニの論文 によると、ネット上で連載・公開されるオンライン小説という文化は日本国外にも存在するが、携帯電話によって執筆・公開されその後も携帯電話用のコミュニティによって支えられる、というような日本発祥のケータイ小説に相当するジャンルは日本国外ではあまりみられないとされる。

4
最初にケータイ小説を書籍化してヒットさせたスターツ出版は当時は小さな出版社にずきなかった。 今回取材にご協力してもらったのは、都立高校に通うなるみさんとゆうかさん。

ブーム後の「ケータイ小説」が今も読まれる必然

小説 ケータイ

また、『Deep Love』の作者であるYoshiは男性作家であり「ふだんあまり小説を読む習慣がない10代」を読者として想定し戦略的に執筆を行ったが、その後のリアル系ケータイ小説の作家は大半が女性であり、「書きたい、読んでもらいたい」といった純粋な動機から執筆をしており戦略的な意図をもっていないケースが多い。 他の文学賞との二重応募は失格となる。 赤い糸 destiny(上/中/下)(文庫版)2009年4月28日(同時発売)• ゆうか:あとは「PHS」とか「小文字」とか……なんだろうって。

2
ただし、ケータイ小説書籍では複数作品が記録的なヒットとなったのに対し、ケータイ小説を原作とする映画作品で大ヒットしたのは『恋空』1本のみであると指摘されることもある。