ZARDの歌詞一覧リスト

ザード

夏にはのとのコラボでカバーした「」が15万枚を超えるロングヒットを記録。 』主題歌 テレビ朝日系『』エンディングテーマ 大塚製薬「ポカリスエット」CMソング (アルバム収録曲) フジテレビ系ドラマ『』挿入歌 (アルバム収録曲) 日本テレビ系アニメ『』主題歌 (アルバム収録曲) 日本テレビ系アニメ『YAWARA! 発売直前にボーカルとアレンジはそのままに、リマスターを行うのみに留まることが公式サイトで明かされ、坂井の体調不良は公には知らされていなかったため、新音源を待ち望んでいたファンからは少なからず抗議や非難を受けた。 、4thシングル「」発売。

9
、43rdシングル「」発売(から『』のオープニングテーマとして放送開始)。 、フィルムコンサートをで開催。

ZARD坂井泉水 死去の真相明らかに!元AV出演映像大公開!

ザード

1997年から1998年の間には全9枚のシングルを発売し、全てオリコン最高3位以内を記録。

19
、1stアルバム『』から最後のオリジナルアルバム『』までのオリジナルアルバム11作と未発表音源及びレア音源を収録したプレミアムディスクを含む、全12枚・全128曲を収録した『』が発売。

ZARD坂井泉水さんの「本当の死因」

ザード

そして、まだ40歳という坂井さんの若さを考えると「対症療法(病気そのものを治療するのではなく、麻薬などを使って、痛みや苦しみを緩和すること)で、なるべく安らかな死を迎える」ことよりも、「可能性は低くても、強い抗がん剤を使って、がんを根治で切る可能性に賭けた」のではないかと僕は想像しています。 それは、プレミアムな逸品の数々と、それに深みを与えてくれる物語です。 、31stシングル「」発売。

おそらくそれは、坂井さんにも知らされていたはずです。 1997年年間アーティスト別セールス9位(『』「君に逢いたくなったら」「永遠」等)• に坂井が逝去した後は残された音源を元に作品の制作やフィルムコンサートなどが、プロデューサーのを中心とする制作スタッフによって行われていたが、2月10日にデビュー25周年を記念して発売されたベストアルバム『』を機に作品の発売は正式に幕を閉じた。

ZARDの全曲一覧

ザード

オリジナルアルバムも5thアルバム『』が200万枚、6thアルバム『』は177万枚、7thアルバム『』は165万枚と立て続けにミリオンセラーとなった。 徐々に知名度を広めていきます。

16
、3rdシングル「」発売。

坂井泉水

ザード

曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し この頃お互い話題不足ね あの頃は楽しかった仲間も 凍てつくような風が人通りも 波打ち際をひとりきり もうあなたが嫌がるからピアスも 駆け抜ける Freeway 愛は手さぐり暗闇のなかで 音も無く月灯り ほらほらそこの君イライラしてる 今日も心震わすニュースのパレ 昨日のコトなら許せたけど Call my name誰かが呼ぶ声 夢のように選びながら オマエしか愛せないそうアイツは 通り雨の中で抱きしめた 陽だまりの中で手をつないで 泣いてばかりいた あなたの帰ったこの部屋 秒打つ ねぇそんなにしゃべらなくても 眠そうな新聞記事で あの微笑みを忘れないで 優しいのか? 亡くなる前はCDの売り上げ等のランキングが全て3桁であったが、亡くなった直後から全て1桁になり、あちこちの中古CDショップでは売り切れ続出、店舗によっては特設販売コーナーも設けられ、尾崎豊、マイケル・ジャクソン同様、亡くなってからファンになった、興味を持ち始めたという人も多かった。 また、上記に開催されたフィルムライブのアンコール上映も命日に東京と大阪で開催された。

17
きっと忘れない ZARD 〜OFFICIAL BOOK〜()• 坂井さんは発見時、私服で病室のベッドにはパジャマが脱ぎ捨てられていた。

ZARDの歌詞一覧リスト

ザード

「」(2ndシングル「」、2ndアルバム「」収録曲、45thシングル)• 墓前には蒲池家と書かれている。

9
チャペルやガーデンも備えた複合レストランであった)」(2014年7月26日閉業)においてPV撮影が行われた。

ZARD坂井泉水 死去の真相明らかに!元AV出演映像大公開!

ザード

、当初は2007年秋発売予定だったものの、発売が延期されていたファンのリクエストによるベストアルバム『』が発売。 外部リンク [ ]• オーディションでは落選するも長戸に才能を認められ、以後「坂井泉水」として音楽ユニット「ZARD」結成の準備に入る。 シングル:1774. 3万枚、アルバム売上は1990万枚となっており、CD総売上枚数3763. 、34thシングル「」発売。

墓石には佐渡原産の高い赤石を使っており、永遠の字を書かれている。 :「Brand New Love」(ボイス)• 制作を継続していったことにより公演のタイミングを失った。