SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」とは?日本企業の取り組み・現状・私たちにできること・ターゲットなど解説

高い みんな 教育 に の 質 を

質の高い教育をみんなに」とは、具体的にどのような内容なのでしょうか。 3 2030年までに、すべての人々が男女の区別なく、手頃な価格で質の高い技術教育、職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。

9
一方、識字率同様、低所得者の学校に通えていない人数は男女ともに横ばいの結果となっています。 html) それでも学校が足りない現実 大成功の「みんなの学校プロジェクト」を読みほっとした方も多いのではないでしょうか? しかし、まだまだ課題がありました。

質の高い教育をみんなに

高い みんな 教育 に の 質 を

1 2030年までにすべての子どもが、無償で公正、質の高い初等教育・中等教育を修了できる 2 すべての子どもが質の高い乳幼児の発達やケア、就学前の教育により初等教育を受ける準備をする 3 すべての人々が平等に質の高い技術教育や大学、高等教育を受けられるようにする 4 仕事や企業に必要な知識やスキルを備えた若者や成人を増加させる 5 教育におけるジェンダー格差をなくして、障害者など弱い立場にある子どもがさまざまなレベルの教育・職業訓練ができる 6 すべての若者や大多数の成人が計算や読み書きの能力を身につける 7 すべての学習者が持続可能な開発を促進するために必要となる知識やスキルを習得できる 8 子どもや障害、ジェンダーも配慮した教育施設をつくり効果的な学習環境を提供する 9 開発途上国や後発開発途上国、小島嶼開発途上国、アフリカ諸国などで高等教育の奨学金件数を大幅増加させる 10 後発開発途上国や小島嶼開発途上国で質の高い教育を提供できる行員を増やす 現状は? ユニセフによれば、教育面の現状は次のようになっています。 本文に入る前にSDGsについて改めて押さえておきたい方は、以下の記事をご覧ください。 (参照:JICA「池上彰と考える! c 2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国における教員養成のための国際協力などを通じて、資格を持つ教員の数を大幅に増加させる。

5
「実はすぐ隣に困っている人がいるかもしれない」という意識を持ち、偏見や差別を許容しないことを子どものうちから根付かせていくことが、今後の「誰一人取り残されることのない未来」の社会を築いていくためにも大切ではないでしょうか。

【SDGs】質の高い教育|スタスタがどこよりもわかりやすく解説

高い みんな 教育 に の 質 を

また日本国内でも家庭環境や周囲の状況によって質の高い教育を受けられない人はいます。

例えば、井戸やポンプを設置すれば川と家を往復して水を運ぶ手間がなくなり、集落ごとに農耕機械を導入すれば、今までよりも開墾が容易になり、教育を受ける機会を作るきっかけになります。 貧困の詳細についてはこちら 児童婚についてはこちら PS そもそもSDGsってなんだっけ?という方は. 字の読み書きができる人の割合を表す識字率が低い地域や、基礎的な計算能力がない子どもたちがいる国もあります。

みんなのSDGs目標4「質の高い教育をみんなに」

高い みんな 教育 に の 質 を

紛争や貧しさから校舎の設置ができない、あるいは壊れてしまったという地域には、建設や改修、修繕などを行い、子どもが通える範囲に学校を置いています。 教育がきちんといきわたっていなければ、あらゆる国際協力は長期的には無駄になってしまう。

18
そのため教育そのものが社会の持続可能性、強靱性向上に貢献するという認識のもとで様々な活動に取り組んでいるのです。 毎年、何百回という模擬国連がさまざまな教育レベルで、様々な形で開かれる。

世界の教育格差問題 2030年までの目標と対策~SDGs質の高い教育をみんなに~|アピステコラム|冷却・防塵・放熱など熱対策ならアピステ

高い みんな 教育 に の 質 を

進歩がみられるものの、2015年までに普遍的な初等教育を実現するとのMDGを達成することができなかった。

18
「女の子だから」学校に通えない 各学齢期で学校に通えない子どもの人数を見ると、初等教育では 女子の人数の方が多いことが分かります。

【SDGs】質の高い教育|スタスタがどこよりもわかりやすく解説

高い みんな 教育 に の 質 を

SDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」では、2030年までに全ての男女が無償で初等・中等教育を修了することを目指している 世界の教育の現状 質の高い教育を目指すにあたってどのような施策が行われているかは、現在の世界の教育状況から知っておく必要があります。 「質の高い教育をみんなに」が意味するものとは 教育については、ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals: MDGs)の頃から「初等教育の完全普及の達成」という形で定められていました。 「質の高い教育をみんなに」達成の課題 SDGsの目標の1つ「教育」を達成するための主な課題には次のようなものがあります。

5
ここでは、主な小中学校や大学の取り組みについて見ていきましょう。 今後は、新しい環境への対応が難しい家庭への支援や可視化が一層困難になるネグレクトへの対策といった環境整備が進み、各人が新しい選択肢を前向きに検討できるようになることを願います。

みんなのSDGs目標4「質の高い教育をみんなに」

高い みんな 教育 に の 質 を

以下は、その中から5大学の主な取り組みについて紹介しています。

9
具体的に個人が何をできるのか(実際に私がしていること) を知ってもらうことで SDGsは誰かのための目標ではなく あなたのための目標だと気づいてもらうことが目的です。 SDGsに特化したカリキュラム「環境技術イノベーション」「社会システムイノベーション」• 世界中の国々が取り組みを行うほど、教育問題は深刻な課題なのです。