中国の恐ろしい実態が明らかに!?高速鉄道事故の裏にある不気味な噂とは!?|やりすぎ都市伝説

生き埋め 中国 新幹線 事故

出てきた苦しみを押さえるということになります。 家族らは、コンクリートミキサー車の進行を止めようとしたが、道路周辺500メートルを封鎖する多数の警察に阻まれた。 その派閥グループには重慶市の書記ら有力政治家、ペトロ・チャイナやシノペックという国営石油につながる産業人脈、人民解放軍首脳など、隠然たる力を持つネットワークがある。

10
過去からずっと変わってないね、そう言う問題解決方法は。

中国の恐ろしい実態が明らかに!?高速鉄道事故の裏にある不気味な噂とは!?|やりすぎ都市伝説

生き埋め 中国 新幹線 事故

多数の死傷者が出たにもかかわらず、当局がすぐに事故車両を地中に埋めるという処理を行い、世界を驚かせたのも記憶に新しい。 中国東部で7月23日夜に起きた高架橋上での高速鉄道の追突事故は、死者40人、負傷者200人の大惨事のうえ、追突した前4両が高架橋から転落するすさまじいもので、メディアの現地報道を見ていても「ひどい」の一語だった。

3
この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した です。

中国 パクリ新幹線 高速鉄道 列車事故 脱線事故 原因 D3115 和諧号

生き埋め 中国 新幹線 事故

この点について記事は、高速鉄道技術に詳しい人物の見解として、「これ以前の鉄道事故でも車両を埋めるという処理をしており、この説明は間違っていない」と主張。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

胡錦涛政権が江沢民・前主席派閥に手を突っ込めるかがカギ 石平さんは今回の事故の数日前に会った時には、胡錦涛政権の不安定性を述べていたが、さきほどのいくつかのテレビ番組では、さらに興味深い話をしている。

中国の電車事故は、なぜ埋めちゃったんですか????????

生き埋め 中国 新幹線 事故

[ ]• 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 ちゃんと、捜索さえやってれば、助かる可能性はあった 死者や人命に平然と、こんな扱いをする行政の国には、絶対に旅行に行きたくありませんね。

穴の深さは最大で38メートル。 だが、記事は今になってこのときの車両は「高速鉄道ではなく、特別快速列車だった」と主張、あくまで死亡事故は1件もなかったと強弁している。

全てを隠蔽するために!! 生き埋め!!? 模倣の国 中国!!

生き埋め 中国 新幹線 事故

「中国独自の技術」が裏目に出て政権に苛立ち起きて問題噴出 私の推理は最初、こうだった。 清掃車に乗っていて巻き込まれた男性の妻は午前11時に現場に到着。

では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

2011年温州市鉄道衝突脱線事故

生き埋め 中国 新幹線 事故

ですので、あえて約200kmくらいの速度で、朝7-8時に着くように調整されてます。 ステンレスの溶接はほとんどの場合TIG溶接という方法で行います、物や状況に応じてステンレスワイヤーでの半自動溶接もできます、ステンレスのアーク溶接は通常は工場などで行うことは少なく(仕上がりが悪い、難しい)、主に現場用が多いです。

日本語でも東京人で関西語をちゃんとしゃべることができる人はまれです。

【ビジネス解読】安全神話も“捏造中”…中国新幹線、死亡事故「いまだなし」と報じるメディアの屁理屈(1/5ページ)

生き埋め 中国 新幹線 事故

それよりも、彼が、現場を取り仕切る鉄道省の責任問題に言及しており、それを聞いていて、共産党の体制批判に及びかねないため、鉄道省に責任を押し付けたな、と感じた」と述べている。

4
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。

中国の道路陥没事故で人命救助せずにセメントを注入させた衝撃動画や人命の安否は?「胸糞悪い」「本当に悲惨」 と世界中で批判が集まる

生き埋め 中国 新幹線 事故

上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。

6
また、女児の発見について、王報道官は「これはただの奇跡だ」と答え、早いタイミングでの切断作業は間違った判断ではなかったかと記者に問いただされた際には、「このことはすでに起きた、としか言いようがない」と言葉を濁した。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。

事故車両を埋めたり掘ったり。“中国版新幹線”脱線事故で当局が隠したかったもの

生き埋め 中国 新幹線 事故

生き埋めにされた生存者も含め、雑な土葬の墓場をこしらえたもんだと呆れる。

12
「事故車両は、原因解明の助けにならない。 欲しいのは新幹線の車両そのものではなく、車両の製造技術だった。