急変時の報告がうまくできない?SBAR(エスバー)を活用すれば、情報伝達力をスキルアップできます

ネーション フィジカル イグザ ミ

19
声を掛けると言葉をはっきり話すことができず、手足の動きも悪いようです。 新人看護師さんは特に、申し送りや報告が苦手って人多いですよね。

GS イグサミネーションライトⅣ

ネーション フィジカル イグザ ミ

けど、フィジカルアセスメントを行えると、昔は診えていなかったことがわかるようになり、より患者さんのことが判断できるようになります。 アセスメントや対処方法は先輩と一緒に考えても良いと思います。

13
相手に確実に伝えるコミュニケーションを意識することで、連携も強化できるでしょう。

フィジカルアセスメント!フィジカルイグザミネーションとの違い | 気楽な看護/リハビリLife

ネーション フィジカル イグザ ミ

状況・背景・評価・提案の頭文字をとってSBAR(エスバー)と呼ばれています。 アセスメントやどう対処したらいいのかが分からなくても、手遅れにならないうちにまず、異常値や症状、何かおかしいという気付きを報告しましょう。 Identity(報告者、対象者の同定) 自己と患者さんの同定 Confirm(口頭指示の復唱確認) 指示内容の復唱 SBARの具体的な使いかた SBARのそれぞれの項目で報告するべき内容を以下にまとめます。

8
ソ径ヘルニア手術のため一週間前からワーファリンを中止していました。

GS イグサミネーションライトⅣ

ネーション フィジカル イグザ ミ

申し送りが苦手すぎて。

(夜間など、主治医以外への報告もあり得る) S(状況) 緊急性の高い情報から伝える B(背景) 今回の入院理由(手術や治療の内容) 既往歴やアレルギーなど A(評価) フィジカルアセスメントから自身が考えること 私は~ではないかと思う 原因ははっきりしないが、悪化している R(提案) すぐに来てほしい 指示がほしい さらに悪化するようならどの時点で再度報告すればよいか C(復唱) ~ですね(指示を復唱して確認する) SBARの構成が分かったところで、実際にSBARを使った報告を考えてみましょう。

GS イグサミネーションライトⅣ

ネーション フィジカル イグザ ミ

ただの用語であり、概念ですが、これを理解できていない人がかなり多いです。 多職種間での報告・連絡・相談に、SBARを活用してみてください。 医師に伝わらない報告は、結果として患者さんに不利益をもたらします。

12
照射部は光源部から離れており、熱を持ちません。 一番当てはまるのは、患者さんの 異常値や症状などですね。

急変時の報告がうまくできない?SBAR(エスバー)を活用すれば、情報伝達力をスキルアップできます

ネーション フィジカル イグザ ミ

I:看護師のKです。

16
スポンサードサーチ フィジカルアセスメントで行う情報共有 各フィジカルイグザミネーションをしっかり行い、フィジカルアセスメントに繋げることができると、情報伝達の信頼性も全く違います。

フィジカルアセスメント!フィジカルイグザミネーションとの違い | 気楽な看護/リハビリLife

ネーション フィジカル イグザ ミ

新人看護師さんの中には一番重要な事が何か分からないって人もいるかもしれません。 しっかり理解すると、「フィジカルアセスメント」の理解も深まり、より楽しく看護業務に当たれると思います。 (語彙力の無さ…笑) なので、時系列だったり重要な事が最初に出てこないと、結論を早く言ってと突っ込まれてしまうのです。

12
焦るとISBARを忘れて、まとまりのない報告になりがちなので、目で見て確かめられると安心感と、いざって言う時に助かります! だんだん報告の仕方が身に付いて来ると、自然に出来る様になりますよ。

GS イグサミネーションライトⅣ

ネーション フィジカル イグザ ミ

B:幸一さんは既往に心房細動がありますが、手術のため、一週間前からワーファリンを休薬しています。 確かにS(状況)とB(背景)だけでも、患者さんの状態を伝えることはできます。 このような伝え方になっていないか振り返ってみて下さいね。

用途に合わせて自由自在な角度調整 柔軟でフレキシブルなファイバーオプティックライトパイプは、3ヶ所で自由に角度調整ができ、外来診察・検査室・救急救命室などあらゆる環境で、処置・診断を確実にサポートします。