本田宗一郎の伝記

宗一郎 本田

しかし、殴られた者よりも殴った宗一郎の方が泣いていたこともあったという。 父:本田儀平(鍛冶屋)• のを見学するため、遠く離れた浜松町和地山練兵場まで自転車を三角乗り で訪れ、飛行機を初めて見るなどの経験をする。

15
6 社長なんて偉くも何ともない。

【本田宗一郎の名言・逸話集】ホンダ創業者の魂に響く格言と逸話&伝説集

宗一郎 本田

また、互いに手紙をやり取りしあうことも忘れず、あるときに井深が「で手紙を送って、彼を驚かそう」と手紙を打っていたが、寸前に宗一郎が帰らぬ人となり、その手紙を送ることは叶わなかった。

三つ目は、 「人の和」です。 政府や通産省にこの法案の撤回を迫ると同時に、短い期間で本当に自動車を作ってしまうという快挙を成し遂げたのです。

本田宗一郎とは?日本の自動車技術を世界に知らしめたホンダの創業者【自動車用語辞典:クルマの偉人編】

宗一郎 本田

いつの時代でも、年をとったオトナたちよりも若い人たちのほうが偉いんだと思う」 ちなみに、古代ローマ時代の文献にも、 「最近の若い者は…」という記録が残っているそうです。 ピストンシリングとは、ピストンの外周の溝にはめる輪のことで、シリンダーとピストンの隙間を埋め、気密性を保つことでガス漏れをふせぐという、重要な役割を担う部品です。 研究所所長は続けた。

修理サービスから、自動車生産への第一歩としての部品生産である。

本田宗一郎とは?日本の自動車技術を世界に知らしめたホンダの創業者【自動車用語辞典:クルマの偉人編】

宗一郎 本田

そこで、 本田技術研究所という スペシャリストにとっての働き甲斐のある場所を作りました。 ホンダの社史についてはの項目を参照• ただ、私がここで強調したいことは、誰にでも好かれて立派な人で、「相手が君だから教えてやろう」という気持ちにさせるような人間になっていただきたいということです。 1946年、本田技術研究所を設立。

🚗「世界のホンダ」に押し上げた3つのエピソード ある日、仕事もせずにプラプラとしていた宗一郎さんの元に、知り合いからある相談が持ち込まれました。

本田宗一郎とは

宗一郎 本田

世間でいう「悪い子」に期待している。

7
その翌日にが殺されたんだ』とおっしゃった」という。 『やりたいことをやれ』、2005年。

世界的企業に育て上げた本田宗一郎氏のリーダーシップ [リーダーシップ] All About

宗一郎 本田

小型スポーツカー「Sシリーズ」開発中に、床にアイデアを書きつけながら従業員に説明する。 藤澤武夫さんは、技術に関しては素人でしたが、金勘定に長けており、販売を得意としていました。

15
俺は白い作業着が着たいんだ」と、抵抗したそうです。

ホンダはレームダック (1) 本田宗一郎「失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ」

宗一郎 本田

そんな本田宗一郎さんは、1973年(昭和48年)の退任の挨拶で、技術者たちをねぎらって「がんばってくれた従業員一人ひとりにお礼を言いたい」と述べました。 本田宗一郎の名言 進歩とは反省の厳しさに正比例する。

特に、極限状況でも燃焼効率の良いエンジンを必要とするF1の経験が、他のどんな自動車メーカーよりもエンジンの革新的な燃焼技術をホンダに蓄積させた。 失敗のない人なんて、本当に気の毒に思う。