白血病患者の看護計画

看護 計画 予防 感染

ドレーンや創部を不用意に触らないように指導する。 カテーテル類は、刺入部位の観察、交換時の消毒などを確実に行い、 尿路感染を予防するために 清潔ケアの実施も必要になります。

20
尿の性状、尿混濁、頻尿、排尿時痛の有無、陰部の掻痒感の有無 8. 7 ガーゼ汚染の有無(汚染のある場合は性状)、創部の状態。 付き添い者へ感染予防方法(食事前・病室外から帰室後の手洗い・うがい、入浴、食後の歯磨き、病室外へ出る時のマスク着用)について説明する。

感染予防対策・感染症発生後の対応について

看護 計画 予防 感染

手術が原因で起こる感染には、創部の感染(SSI)以外にも尿路感染や肺炎などがありますが、手術が間接的な原因であっても術野外で起こった感染症はSSIではなく、「遠隔臓器感染症」と定義されます。

1
支援を受ける病院・施設では、感染予防策を改善し継続するために、これを活用する。

感染リスク状態

看護 計画 予防 感染

正しく理解し、腹膜透析の必要性を理解していれば、腹膜透析を正しく行うことができます。 (手荒れは手指消毒がしみて皮膚刺激があったり感染源となりやすいため、個別で使用するハンドクリームなどでケアする必要があります。 患児が感染予防行動ができていたら褒める。

貧血は組織への酸素運搬を減少させ、細胞への酸素供給量が減少し、皮膚の再生を阻害する可能性がある。 主語は患者さんで、期限を必ず決めます! <OP>• [O-P]観察計画 看護計画• 3、感染経路について 感染経路には、接触感染、飛沫感染、空気感染があります。

感染の看護|経路、予防、徴候、スタンダードプリコーションと看護計画

看護 計画 予防 感染

血管の痛み 血栓性静脈炎は 点滴の刺入部位に見られることが多いので、 術後は点滴刺入部位の観察も行います。

そのため、自覚症状と客観的症状を観察し、アセスメントすることが重要である。

感染リスクの看護計画

看護 計画 予防 感染

血液検査データ(WBC、CRP、TP、ALB、GLU、RBC)• 退出時に外し、手指消毒を行う• また、腹膜透析は血液透析に比べると、食事制限は厳しくないですが、それを誤解して食事制限をしなくて良いと誤解する人もいるのです。

17
スピードは医師の指示で調節する。 感染兆候(体温、心拍数の上昇、咳嗽、鼻汁、発疹)の有無• 腹膜透析を正しく行えなければ、腎不全はどんどん悪化して、血液透析を導入しなければいけないので、看護師は看護計画を立てて援助しなければいけないのです。

腹膜透析(CAPD)の看護|合併症や看護問題、看護計画や観察ポイント

看護 計画 予防 感染

参考文献 jdepo. SSIの主な原因菌は次の通りです。 特に易感染性患者とは必ず隔離する必要があります。 肺炎のリスクがある場合、エネルギーを使わない様な咳嗽を促す 6. 基本的なことは、 疾患別看護過程などに載っているものを引用し、患者さんの年齢や他にも持っている疾患などに合わせて 足したり引いたりしていました。

16
スタンダードプリコーションの具体的要素には、手指衛生、個人防護具の適切な使用、鋭利な器具の取り扱い、患者に使用した医療器具の取り扱い、患者の配置・隔離、環境管理、リネンの取り扱いがあります。 室内の温度、湿度• 腹膜透析は血液透析に比べて、日常生活の制限が少なく、患者の生活スタイルに合わせながらの治療が可能な透析方法です。

SSI(手術部位感染)の看護|ガイドラインや原因、2つの看護計画

看護 計画 予防 感染

白血球数の増加• そのため薬物使用による血糖改善ばかりではなく、食事療法や運動療法を基本とした治療の効果に着目するよう促す ・ 自覚症状のない2型糖尿病の場合はインスリン注射の受け入れが難しく指導に困難を要する場合がある ・ 低血糖は薬物治療中の患者に起こることが多く薬の過剰投与や摂取量不足などがその原因となる。 ドレーンの排液の性状、量、色、臭い• 刺入部の発赤、腫脹だけでなく、点滴の滴下不良、点滴漏れなどがないかも確認します。

15
この状態を放っておくと、さらに感染が進み、腹膜炎を起こす原因にもなります。 9 体位変換の状況。