嚥下困難者用製剤加算の算定要件

加算 困難 えん 製剤 げ 者

また一包化が医師の指示によるものであった場合には、別々に一包化する理由を処方医に伝えて了解を得た上で、その旨も併せて調剤録に記載すること。 湯薬、浸煎薬はほとんど扱う機会はないかと。

2

調剤料の加算、同時算定できるもののまとめ

加算 困難 えん 製剤 げ 者

また、嚥下障害がある患者に対し、内服薬と合わせて屯服薬が処方されていれば、内服薬と同様、屯服薬についても粉砕などの加工は当然ながら必要です。 点数を確認 一包化加算 詳細 点数 42日分以下 7日分毎に 34点 43日分以上 一律 240点 これを日数別に更に細かくすると下表のようになります。 かかりつけ薬剤師指導料を算定するには、施設基準に適合したり、患者の同意を得た文書を作る必要があります。

6
調剤報酬を請求するにあたって、調剤録は重要です。 前回はについて確認しました。

嚥下困難者用製剤加算

加算 困難 えん 製剤 げ 者

つまり、処方された医薬品が服用可能であるかを一つずつ確認し、市販の剤形のままでは服用できないと判断したものだけを加工すれば嚥下困難者用製剤加算の算定要件を満たすということです。

そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。

嚥下困難者用製剤加算の算定要件

加算 困難 えん 製剤 げ 者

ただし、一部の医薬品を加工しなかった理由については、調剤録や薬歴で確認できるよう記録しておくことが大事でしょう。

この加算はなにを行って、どんな風に利益提供できたから与えられたものなのか。 >ちなみに先月は嚥下困難を算定、今月は一包化加算を算定、のように処方日数によってころころ変えたとしてもレセプト審査上の問題はないとのこと。

調剤料の加算、同時算定できるもののまとめ

加算 困難 えん 製剤 げ 者

嚥下困難者用製剤加算は、嚥下障害等があって、市販されている剤形では薬剤の服用が困難な患者に対し、医師の了解を得た上で錠剤を砕く等剤形を加工した後調剤を行うことを評価するものである。

在宅患者訪問薬剤管理指導料は、通院困難な患者に対して、医師の指示に基づいて行った時に算定できます。

全て粉砕しなければ嚥下困難者用製剤加算を算定できない?

加算 困難 えん 製剤 げ 者

常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。

8
例えばカロナール200mg 3錠 毎食後であれば、症状に関わらず決まった時間で服用するため内服調剤料。 自家製剤加算 内服薬。

錠剤を粉砕したときは嚥下困難者用製剤加算?自家製剤加算?

加算 困難 えん 製剤 げ 者

もちろん、粉砕して調剤しましたが、後日、「散剤がある」という理由からレセプトが返戻されてきました。 ありがとうございました。 また、処方せんに錠剤を粉砕するよう指示があった場合、錠剤と散剤のどちらも薬価収載されている医薬品については、散剤を使用すれば錠剤を加工せずに済みますので、一般的には、できるだけ散剤を使用する方が望ましいかもしれませんが。

C錠を粉砕していないため嚥下困難者用製剤加算は算定できないが、AとBを粉砕後に混合しているので計量混合調剤加算(45点)を算定する 解答 薬剤師。

全て粉砕しなければ嚥下困難者用製剤加算を算定できない?

加算 困難 えん 製剤 げ 者

嚥下困難者用製剤加算を算定するための剤形加工は、ほとんどの場合、自家製剤加算の算定要件を満たしており、その場合、嚥下困難者用製剤加算もしくは自家製剤加算のどちらかを算定することになります。 イ 調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合 ロ 液剤を調剤する場合であって、薬事法上の承認事項において用時溶解して使用することとされている医薬品を交付時に溶解した場合 で、錠剤を粉砕したとき、どちらで算定すべきか迷うのですが。 麻薬等加算 麻薬、向精神薬、覚せい剤原料、毒薬 ;70点、8点、8点、8点• 計量混合調剤加算 軟膏 ;80点• こういう理由で、嚥下困難者用製剤加算は算定しづらい。

2
要約すると次のようになります。