日本の伝統ゲーム「うんすんカルタ」の魅力と遊び方

すん かるた うん

スートはハウ(棍棒)、イス(剣)、コツ(聖杯)、オウル(貨幣)、グル(巴)です。 ロバイの強さはスートにより異なる。

16
グル以外は西洋のプレイングカードに見られるマークと同様で、グルのみ日本で追加されたものと思われる。

うんすんかるた(山口吉郎兵衛) / 古本、中古本、古書籍の通販は「日本の古本屋」

すん かるた うん

長崎伝習所長崎うんすんかるた塾 「うんすんかるたの遊び方」2009年 脚注 [ ] []. 「コ」の多いほうがゲームに勝ちます。

安土桃山(天正)時代に入ると、ポルトガル人によって「南蛮カルタ」が日本に伝わります。 【原書p. これを9回行い、(1コ)を多く取った組が勝となる。

山口吉郎兵衛「うんすんかるた」

すん かるた うん

うんすんかるたの話をしたい、とお話ししたところ、 草場さんから連絡があったらしく 草場さんはその時車を置きに行って遅く来られました 中に通してもらい色々な種類の水出し茶をご馳走になりました。

6
娯楽が増えた初期以降には遊ぶ人が次第に減少。

うんすんかるたの地、人吉に行く

すん かるた うん

パオではもっとも強く、イスでは2と1の間の強さ(弱いほうから2番め)、コツ・オウル・グルではソウタの下(絵札の最下位)。

10
【原書p. 最初の者が1枚を裏向きに出しこれを台札とする。 「ウン」はポルトガル語で「一」のことだが、「スン」が「最高点」を意味するというのは、1924年にが『南蛮更紗』 で仮説として発表したことがいつしか定説化しており、これには本人も前置きしているが、根拠があるわけではなく想像の域を出ていない。

(二)「うんすんカルタ」模様の器物

すん かるた うん

当時のポルトガルのカードは、棍棒・刀剣・聖杯・金貨の4スート、絵札は女王・騎馬・国王だったが、それぞれのスートの1にはドラゴンが描かれており、独特な特徴を持っていた。

7
・「スン」が相手の「ウン」を取ったとき ・「ウン」が相手の「ソウタ」を取ったとき ・「ソウタ」が相手の「ロバイ」を取ったとき ・「ロバイ」が相手の「レイ」を取ったとき ・「パオ」か「イス」で、2が相手の1を取ったとき ・「オウル」か「コツ」か「グル」の場合、8が相手の9を取ったとき 9枚全て出し終わったら、1ラウンドの「ヒトマキ」が終了し、「コ」の数を比べて点数を出します。

(二)「うんすんカルタ」模様の器物

すん かるた うん

そして不要な1枚を捨てるとともに最初の1枚を出す。 山口吉郎兵衛 著『うんすんかるた』リーチ書店、1961年• 札の1枚ずつに強弱がつけられ、最も強い札を持っている人が点を取るという遊び方だとか。 「ロボッタ」「打ち出し」「差し」「踏む」「追う」などという細則があるが、台札が切り札の時には「メリ」といって表向きに出し、他の7人は、ある場合は必ずその切り札を出さなければならない。

19
以下のカードを使用するトリックテイキング・ゲームも、同じように丸物(もしくは赤いスート)は数字が小さい方が強く、長物(もしくは黒いスート)は逆になります。 その説明から。

Nagoya EJF Game うんすんかるた

すん かるた うん

それと、人吉には球磨拳という拳の遊びがあり、 その大会があったのがメインになるんですけどね… そっちを書き出すとトリテのテーマが無くなってしまいそうなんで… そっちの方は必ず後で必ず書こうと思います。 観光特集の記事ににあるような陳腐な言い回しになってしまうのですが、このあたりは石畳通りの家々が昔ながらの古風の通りの出ます。

これを使うゲームは「ウジャン・ゴミ(もしくはウジャン・オミ)」と呼ばれています。 しかしその効果はなく,禁令が繰り返される中で,元禄の終りころ〈うんすんかるた〉が考案され,これが幕府の公認するところとなった。

[mixi]「うんすんかるた」の特徴

すん かるた うん

最初の者が1枚を裏向きに出しこれを台札とする。 当時のポルトガルのカードは、棍棒・刀剣・聖杯・金貨の4スート、絵札は女王・騎馬・国王だったが、それぞれのスートの1にはドラゴンが描かれており、独特な特徴を持っていた。

18
【原書巻頭p47】 天正カルタ硯箱版木蓋表面、蒔絵硯箱• いわゆるのこと)を取る。