渡辺篤史が探訪! 隈研吾建築都市設計事務所の設計手法とテクノロジー活用の舞台裏

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

あの建物も、考えてみれば打ちっ放しのようなつくりです。

ジャズですよ。 現在、同社設計室長。

渡辺篤史の建もの探訪とは (ワタナベアツシノタテモノタンホウとは) [単語記事]

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

家そのものではなく、窓の外を眺めながら「この眺め!ありがたいねー」「はぁ〜。 一方で「実はうちの事務所はとても狭いので、Z2 Mini G3のような、机のスペースを確保できる小型のワークステーションというのはとても良いですね」と話す。

17
悪い方」 「大失敗ですね。

「建もの探訪」の渡辺篤史さんの自邸は、大失敗だった!

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

コンクリート打ちっ放しなんですが、夏暑くて、冬寒い 半地下にオーディオルームも作ったんです でも、音が響き過ぎて、気持ち悪くなっちゃって。

1
吸音設備は必須です。 よく見てるし、間取りやアイディア、予算による工夫などが参考になります。

渡辺篤史の建もの探訪、劇的ビフォーアフター…「住まいのテレビ番組」といえば?

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

そこの残響時間が確か3秒くらいあったのです。 (SATV) 土曜 9:30 - 9:55 (ABC) 土曜 5:13 - 5:38 (毎月第1土曜のみの放送) 打ち切り後も2018年7月3日(火曜)2:39 - 3:04と2020年10月1日(木曜)2:29 - 2:59 に放送。

2
さらに「いいですね~! それも基本的な所、自分がこだわったところで失敗してしまう。 - テレビ朝日の番組公式サイト• 織物壁紙に重ねて「HP Latexプリンター」で印刷を行った壁紙 建築設計だけでなく、車両のラッピングデザインなども手掛ける名城氏は「最近、クライアントから独自のスペシャルなデザインを求められることが増えています。

朝日新聞出版 最新刊行物:別冊・ムック:渡辺篤史の建もの探訪BOOK 25周年スペシャル版

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

そんな渡辺氏が隈氏の木材を生かした作品の中で、「建設中に、何度も写真を撮りにいってしまった」というほど感銘を受けたというのが、東京・表参道にある「サニーヒルズジャパン」だ。 とりわけエンディングのコメントには強いこだわりがあるという渡辺篤史。

テレビ朝日系で放送されている住宅情報番組で、渡辺篤史が、ちょっと素敵な一戸建て住宅に訪問して紹介するという内容。

朝日新聞出版 最新刊行物:別冊・ムック:渡辺篤史の建もの探訪BOOK 25周年スペシャル版

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

その渡辺さんがどのようなお家に住んでいるのか、興味ありますよね。

16
「渡辺篤史の建もの探訪」は、実際に住んでいる方のこだわり方を垣間見れるために、参考になると考えている方が少なくないようです。 (での合意に基づく) 渡辺篤史の建もの探訪 ジャンル 物紹介 出演者 オープニング 「」 エンディング 同上 製作 プロデューサー 渡辺照彦(テレビ朝日) 山澤達義(JCTV) 制作 放送 映像形式 (一部地域を除く) 音声形式 (2003年12月 - ) 放送国・地域 放送期間 - 現在 放送時間 土曜 4:30 - 4:55 放送分 25分 特記事項: 放送時間は2017年10月7日以降のデータ。

「建もの探訪」の渡辺篤史さんの自邸は、大失敗だった!

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

プロデューサー:渡辺照彦(テレビ朝日)、山澤達義(JCTV)• また漫画家のが、この番組を題材にしたギャグ漫画『あつし渡辺の探訪びより』を執筆している。

16
家づくりは本当に難しいな〜と思いました。

渡辺篤史の建もの探訪とは (ワタナベアツシノタテモノタンホウとは) [単語記事]

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

番組は計13回で終了する予定だったが、いつしか評判を呼び、長寿番組になった。 ) まず問題になったのが、コンクリートの打ちっ放し。 いまだに補修してます 20年の経験は生きなかったですね だそうです。

20
先述したSunnyHillsの設計では、割り箸を組み上げるような複雑な構造をデザインするためのパラメトリック・モデリングで、Z840が活躍したという。

渡辺篤史の建もの探訪、劇的ビフォーアフター…「住まいのテレビ番組」といえば?

もの 探訪 建 篤史 の 渡辺

建物だけではなく、住んでいる方のライフスタイルやインテリアなども、とっても参考になります。

14
なお番組自体では、実際に住んでいる家族の、その住宅での暮らしぶりを紹介しているが、Webサイトでは、その建物を設計した建築家のプロフィール、コメント、連絡先なども紹介されている。 その他にも、NHKの「東京百年物語」や「生き物地球紀行」など、ナレーションを担当している番組は数多くあります。