一流の銅ヤロー

マダラ やはり うち は

という( マダラ視点から、マダラの歩んできた道を描くものとしては)秀逸な構成。 結構な大技にも関わらず「二個目はどうする?」と軽い感覚で連発できるのが恐ろしいところ。

20
性格 一言でいえば 戦闘狂。

[mixi]やはりうちはマダラは最強

マダラ やはり うち は

木遁で吹き飛ばした敵をオビトの挿し木の術で拘束、そこに天蓋新星を叩き込んで殲滅する(オビトは神威で脱出)。

15
木遁・花樹界降臨 樹界降誕の派生版で花を咲かせる。

言葉のいらない約束とは (コトバノイラナイヤクソクとは) [単語記事]

マダラ やはり うち は

ちなみにマダラ自身は 禁術を使っていない。

3
」 木を伝って地面に向かって駆け下りる。 九喇嘛を引き抜かれたナルトは瀕死になってしまった(キラービーも牛鬼を抜かれたが、切断されたタコ足に触れることで八尾のチャクラを確保し無事に済んだ)。

うちはマダラとは (ウチハマダラとは) [単語記事]

マダラ やはり うち は

『言葉のいらない約束』の、• 柱間との戦闘の最中に神樹の根に「うちは」を持って行かれ、以後使用不能になった。 天道:引力と斥力を操り、下記の技や空中に浮遊したりできる。

18
689• 717• 「たった三人とゾンビとクローン人間だけで俺たちに勝てると思うなよ。

一流の銅ヤロー

マダラ やはり うち は

その後は岩窟の中で隠遁していたが、地上から岩をすり抜けたかのように落下してきたを偶然にも保護、柱間細胞の人造体を右半身に移植させることで治療。 それに…炎の中で昔のことを思い出したからの。

8
そして圧倒的実力でら五影を瀕死にした後、正体を現したトビ=と合流する。 だが、ここに来てもうちはとの和解を諦めない柱間の姿に、彼が口にしているのは欺瞞でもごまかしでもない「ただの本音」だと悟ったマダラは、根負けする形で和解を受け入れ、共に木ノ葉隠れの里を設立した。

言葉のいらない約束とは (コトバノイラナイヤクソクとは) [単語記事]

マダラ やはり うち は

黒ゼツによって無限月読に捕まっている忍達のチャクラが流れ込み、ブクブクと気色の悪い姿で膨張するも、やがて黒ゼツに包み込まれて縮んでいき、カグヤが復活した。 単純な力は上記以上のはず。 分身の柱間が来てもオリジナルが来なければ動かんと素直に待つ• 分身の柱間が来てもオリジナルが来なければ動かんと素直に待つ• クレイジーサイコホモの癖しやがって。

128• 無限のチャクラに不死身の身体、さらに万華鏡や輪廻眼を使って忍連合軍の第四部隊を壊滅に追い込む。