【エクセル】一行ごとに色を付ける(条件付き書式)

ごと エクセル に 色 行

1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい スポンサードリンク 1行おきに色を付けたい 交互にセルに色をつけたい• 59,151 views• コンテンツ• テーブルの便利な点は、標準で用意されているさまざまな書式の中から好みのテーブルスタイルを選択できることです。 245• 私の環境がMicrosoft2010なので2010でのエクセル画面になってしまいますが、悪しからずw 手順は以下の通りです。

13
このほか、3行おきに色を変える場合は、数式を以下のようにします。 ここでは奇数行に書式を設定します。

一行ごとに表に色を設定する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

ごと エクセル に 色 行

自分が作るうえでは、どれか1つを覚えていれば十分ですが、3つすべてをマスターすれば、他人が作った表でも「なるほど、この方法で作ったな」と理解できますよ。 この点をご理解の上をご利用ください。 これまでは、行について説明しましたが、列についても同様に設定することができます。

以上で、行を入れ換えてもくずれない、 セルを1行おきに色づけする方法 についての解説は終了です。

エクセル 行や列に条件付き書式を設定する

ごと エクセル に 色 行

1 行おきや 1 列おきに設定する 行や列に条件付き書式を設定する 先に行に条件付き書式を設定する例を紹介します。

16
当然ですが、奇数行のときに設定した色とは違うものを選びます。

【エクセル】一行ごとに色を付ける(条件付き書式)

ごと エクセル に 色 行

続いて、によって、一気に処理をしていきます。

2
条件付きでなくても簡単に設定する方法も簡単に説明します。 色を選んで、[ OK] をクリックします。

【エクセル】行や列に1行おき(交互)に色を付ける方法

ごと エクセル に 色 行

行番号が3で割って、余りが0となる行に書式を設定しています。 =ROW [参照] のように表されます。 31行おきに色塗りできた 1行おきに色塗りできました。

Excel では、1 つ右とか、1 つ左、という相対参照という参照方法を使うと自動的に参照セルを動かしてくれます。

Excel2010

ごと エクセル に 色 行

改行を含めたテキ… Excel VBAで他のプログラムを実行した際に、実行しているプログラムのウィンドウを最小化表示にする方法です。

15
余りが0の場合は偶数行、1の場合は奇数行になります。

一行ごとに表に色を設定する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

ごと エクセル に 色 行

1.色を付けたいセルを選択します。 これが条件付き書式を用いて、n行ごとにセルの色を変える方法です。 42,027 views• ROW関数の数式はこのようになり、引数[参照]にセル番地を指定するなどして、「このセルは何行目にありますか?」とExcelさんに聞くことができます。

7
44,250 views• 他にも難しい設定があり補足などがあるようですが、このページではここまでの内容にしたいと思います。 Copyright c TOOLJP. ISODD関数の数式はこうなります。

【エクセル】行や列に1行おき(交互)に色を付ける方法

ごと エクセル に 色 行

」と表示されて、ワークシートを追加することが… Excelでフォームを設定し、部品を複数配置していると、タブキーやEnterキーを押すと次の部品にフォーカスを飛ばすことができます。 つまり上の数式では、ある選択の関数を2で割ったものの余りが1となるときに、書式を変更するという意味を持つのです。 テーブル内のセルを選択していると[ テーブルデザイン]タブが表示されるので、このタブからデザインを変更します。

12
以上で1行ごとの色がクリアされます。 新着記事で探す• すると、以下のようにn行ごと(今回は3行)の色を変えることができました。