2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ 読書メモ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

2019年半ばまでに、空飛ぶ車の開発会社に10億ドル以上が投資され、プロトタイプの開発が進んでいる。 起業家としては長寿、宇宙、ベンチャーキャピタル、およびテクノロジー分野で20以上の会社を設立。 MITで分子生物学と航空工学の学位を、ハーバード・メディカルスクールで医学の学位を取得 コトラー,スティーブン(Kotler,Steven) ジャーナリストにして起業家。

17
すでにゲームの世界で始まっている。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

しかし、それらに対して割と楽観的に新しい技術を可能性を信じていると思われる著者の姿勢は 技術者としては非常にしっくりきました。 なので、情報収集は世界を視野に入れ 自らが取りに行く事が大切だと述べています。 「サイエンス・フィクションはサイエンス・ファクトになった」というフレーズが印象的だ。

4
ピーター・ディアマンディス Xプライズ財団CEO。 和雑誌• 触覚センサー+VRゴーグル+5Gで 意識をテレポートしネットの社会でもう1つの世界を体験できる。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ / ピーター・ディアマンディス【著】/スティーブン・コトラー【著】 <電子版>

に する が すべて 備えよ 世界 加速

また、「空飛ぶ車」「自動運転」の開発に向けて、実際に大企業が行っている取り組みも紹介されており、投資する際に有益な情報も多いです. シンギュラリティ大学創設者。

8
その最たるものがムーアの法則だ。 フェア• 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。

楽天ブックス: 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

連続起業家としては長寿、宇宙、ベンチャーキャピタルおよびテクノロジー分野で22のスタートアップを設立。 ディアマンディスとの共著に 『楽観主義者の未来予測』 早川書房 『BOLD』 日経BP がある。

2
従来のビジネスの概念や知識に対して、新たな視点はほとんど見られない。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ 読書メモ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

センサー• フェア• レビュー 1990年から2000年までの10年と、2010年から2020年までの10年では、変化の感覚が違う。 エクスポネンシャル同士が融合すると、製品、サービス、市場を支える構造そのものが消滅する。 あと本書で気になった点は、訳のまずさです。

18
日本経済新聞記者を経て独立。 ・著者ピーター・ディアマンディスは、エリック・シュミット(Google元CEO)、クリントン元大統領、イーロン・マスクが絶賛する、現代アメリカを代表するビジョナリーです 僕は、「投資家」そして「就活生」という立場からこの本を読みました. 米国公認会計士資格(CPA)所有(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。

お薦めしたい本 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

第一部では、テスラの創業者イーロン・マスクのエピソードや、スペースXの事業についても述べられています. 好きな俳優の何々を登場させたり、全くの架空人物だけで構成することも可能で、途中から展開をリクトすると動的にストーリーは変化する。 ブロックチェーン こう並べると、著者が書いているように本当に革新的な技術が列をなしてやってきている感じします。

入手できないこともございます。 では2020年から2030年までの10年ではどれほどの「加速」が起きるのだろうか。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ 読書メモ

に する が すべて 備えよ 世界 加速

そして、10年後には更なる進化とそれに加速が加わるようです。 この進化のスピードについていけるよう、2030年に向けスタートを切った1年目のこの時期に、この本を読んで欲しいです. 従来のビジネスの概念や知識が大部分を占めるが、いくつかの革新的なアプローチや視点を含む。 「投資家」としては、どの産業がどのように発展していくのかを、「就活生」としては、世界の医療がどのように変わっていくのか理解することができました. 2014年にはフォーチュン誌「世界の偉大なリーダー50人」に選出され、そのビジョンはイーロン・マスク、ビル・クリントン元大統領、エリック・シュミット前Google CEOなどから絶賛されるなど、シリコンバレーのみならず現代アメリカを代表するビジョナリーの1人である。

身体パフォーマンスの研究機関フロー・リサーチ・コレクティブのエグゼクティブ・ディレクター。

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ / ディアマンディス,ピーター〈Diamandis,Peter H.〉/コトラー,スティーブン【著】〈Kotler,Steven〉/土方 奈美【訳】/山本 康正【解説】

に する が すべて 備えよ 世界 加速

スターシップでは、ニューヨーク~上海まで39分で到着します。 ナノテクノロジー• フェア• [] [] [] このブログの評価 評価はまだありません。

12
これがブレイン・トゥ・ブレイン・コミュニケーション。 テクノロジーの進化は、僕たちの想像を遥かに超えていくかもしれません. 現在いくつものエクスポネンシャルなテクノロジーが融合(コンバージェンス)することで さらに大きなイノベーションを起こしつつあり、市場、社会、生活を大きく変えていく。