「邁進する」の意味と使い方は?上司に言い換えする場合の類語や例文も調査!

する 邁進

ビジネスシーンを中心に、さまざまなシーンで使用される言い回しの1つに、「邁進してまいります」というフレーズがあります。 しかし、改まった場面でいう場合は謙譲語のまいりますを用いる方が良いでしょう。 しかし、意味を知らない人が多そうなので、使う際は気を付けたいです。

8
辞書での意味は、恐れることなく突き進むこと、または、元気よく、ひたすら目的に向かって進むこと、とあります。 定めたある地点に向かっていくことを指します。

邁進してまいりますの使い方や例文は?邁進するの意味と精進との違いも

する 邁進

ふつうに「邁進します」と言った場合でも丁寧語なので、失礼ではありません。

5
しかし今覚えたとしても、似ているがあまり、どっちがどっちだっけ? と、わからなくなってしまうこともあるかと思います。

「邁進してまいります」の意味と使い方・例文|年賀状/履歴書

する 邁進

, ,• 「尽力します」は簡単に言うと「力を尽くします」ということになります。

年賀状では、 今年の抱負や目標などを述べ、「本年も精進します」といった言い回しを加えることで、前向きな印象を与えることができるでしょう。 スポンサーリンク 「邁進する」の意味と使い方は? まず最初に 「邁進する」の意味と使い方について見ていきましょう。

「邁進」の意味、敬語での使い方!四字熟語、類語、英語も紹介

する 邁進

先ほど挙げた例文を具体的に活用してみましょう。 「邁進する」の例文1 「メジャー記録に向かって『邁進する』A選手」 この例文に登場するA選手はアメリカのメジャーリーグに所属するメジャーリーガーです。

先月を上回る顧客獲得に向かってばく進していきます。 そして3つ目は、「かなわない」といったニュアンスの丁寧語としての意味です。

「邁進」と「精進」の意味と使い方!ビジネスシーンでの例文は?|語彙力.com

する 邁進

直往邁進(ちょくおうまいしん) 「直往邁進」は 「ちょくおうまいしん」と読みます。 「邁進する」とほとんど同じ意味を持つ四文字熟語です。 「どんなときも目標にむかって直往邁進してきた」というような使い方をします。

例文2のような挨拶ないしスピーチ、例文えのような手紙文や、書き言葉の地の文や、日記などの独白で使う分で使う分には問題ありませんが、友人や同僚などとの日常会話の中では、気取って「精進」と場合を除いて、「努力」の方がよいでしょう。

「邁進してまいります」の意味と使い方・例文・「邁進」の違い

する 邁進

堅苦しく真面目な印象を与えるので、特にビジネスシーンで活用したい言い回しです。 邁にも「すすむ」という意味がありますが、「励む、努める」という意味もあります。

1
一方、精進するは慎むという意味を持つので、謙虚な印象を受けます。 邁進してまいりますは日々目的に向かい前進することを表す言葉 以上が邁進してまいりますの意味や使い方などでした。

【精進】と【邁進】の意味の違いと使い方の例文

する 邁進

「目標へ突き進む」ということです。

1
「精進(しょうじん)」の意味は、• など早く戦力となれるよう努力することを相手に伝え、指導されたい気持ちを「邁進」という敬語で表しています。