「ご清祥」と「ご清栄」それぞれの意味と使い分け方とは?【ビジネス用語】

は と ご 清祥

「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。

「ご盛栄」 「ご盛栄(ごせいえい)」も「ご繁栄」「ご隆盛」と同じく栄えるという意味です。 ただし、「ご盛栄」や「ご隆昌」を使う場合には注意が必要です。

正しく使い分けてデキるビジネスパーソンに!「ご清祥」の意味・使い方の例文、「ご清栄」や「ご健勝」との違いをまとめてご紹介

は と ご 清祥

ご高齢• ご隆昌 「隆昌(りゅうしょう)」は、 「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 」 ビジネス文書では「ご清栄」と「ご清祥」のように、よく似ているけど微妙にニュアンスが違う、といった言葉が多々あります。 「ご健勝」の例文 「ご健勝」の例文を紹介します。

19
つまり「時下ますますご清祥」は、 「今よりも一層の健康と幸福」といった意味になります。 迷ったら「お喜び」を使おう 状況に応じて使い分ける方法は上でご紹介しましたが、もしかしたらどちらにしたら相応しいかわかりにくい場合もあるかもしれません。

「ご健勝」「 ご清祥」「ご多幸」の意味の違いと使い方!【類義語・例文つき】|語彙力.com

は と ご 清祥

「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 「時下(じか)」は、「この頃」「現在」「今のところ」を意味しています。 ただし、慶ぶという漢字は常用漢字表にないため公文書において使用できません。

13
よって「ご清栄」は、企業宛・個人宛どちらも使うことができます。 「ご清祥」には、この「繁栄」の意味は含まれていないので、主に個人に向けて使われることが多い言葉です。

ビジネス文書での「ご清祥」の正しい意味や使い方!「ご健勝・ご清栄」との違いも徹底解説

は と ご 清祥

例えば10月の場合、「色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました」や「秋冷の頃」などが適切なあいさつとなります。 「ご清祥 ごせいしょう 」は文書に特化した挨拶の言葉なので、誤って口頭で使うことの無いようにしましょう。

12
また、体調が優れないことの多い高齢の方に対しては、使用を控えた方が無難でしょう。 「時下」は、主に書き言葉として使います。

知らなきゃやばい?「ご健勝」と「ご清祥」の違い

は と ご 清祥

個人向けの挨拶で使う類語 「ご健勝」 「ご健勝(ごけんしょう)」は「健康でからだが丈夫なこと」という意味であるため、個人への挨拶で使われます。 「清祥」に含まれる「祥」という漢字は、「嘉祥(かしょう)」や「吉祥(きちじょう)」などという熟語に使われるように、幸せな事やめでたい事という意味が含まれています。 「ご繁栄」の例文• 「ご清祥」について 「ご清祥」の読み方は「ごせいしょう」 「ご清祥」は「 ごせいしょう」と読みます。

3
「ご清祥の段、お慶び申し上げます」というように、相手が健康で幸福に過ごされていることを祝福して使います。 そんな時は一般的な「ご清栄」の方を選ぶといいと思います。

「ご清祥」の意味は?「ご健勝」「ご繁栄」との違いや例文も解説

は と ご 清祥

「ご隆昌」 「ご隆昌(ごりゅうしょう)」は「非常に勢いよく栄えること」という意味です。 「ご清祥」の読み方と意味 「ご清祥」の読み方は「ごせいしょう」 「ご清祥」は「 ごせいしょう」と読みます。

3
特に注意しておくべきなのは、相手の状態がわかっているときには考慮するということ。

「ご清栄」「ご清祥」の意味の違いと正しい使い方【例文つき】

は と ご 清祥

「ご清祥」は、 「相手の健康や幸福を祝い、喜ぶ気持ちを伝える言葉」で、文書の身で使います。 また、 意味は大きくは変わらないですが、 「初め」 はじめ そめ 「獲る」 える とる(常用漢字の読みではありませんが) というのもあります。 「ご清栄」は「ごせいえい」と読み、「栄」には「栄える・繁栄する」という意味があります。

末筆ではございますが、貴社の更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 「ご清栄」は、 手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語です。

「ご清祥」の意味は?「ご健勝」「ご繁栄」との違いや例文も解説

は と ご 清祥

ご健勝 何となく、雰囲気でどちらを使うか、選んでいますよね。

10
」 なんて言い回しをしますよね。 (例文1)会社宛・「ご清栄」と「ご繁栄」 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

「ご健勝」「 ご清祥」「ご多幸」の意味の違いと使い方!【類義語・例文つき】|語彙力.com

は と ご 清祥

「ますます」は今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 元気であることを確実に知っていれば「ご健勝」でも問題ないですが、そうでない場合は「立夏の候〜」「陽春の候」といった時候の挨拶だけに留めておくことが良いです。

7
なので、企業や組織に対しては使えない事になっています。