自分が年をとったから書けた 『蒼煌』 (黒川博行 著)

博行 黒川

模合で大金を持ち逃げした男の行方を追っていくうちに、舞台は那覇、宮古島、石垣島、奄美大島へと目まぐるしく展開していく。 右行ったり、左行ったり。

17
文学賞受賞・候補歴 太字が受賞したもの• 虚飾の塔・覗かれたセレブ妻の秘密(2007年10月7日、原作:帰り道は遠かった)• こんな二人が本作で大暴れ! 著者 黒川 博行 出版日 2016-06-10 91歳の耕三は、年老いてから妻と死別し、寂しい晩年を余儀なくされていまいた。 月日は経ち、ある日、耕三は倒れます。

黒川博行 新刊情報 (283作品)

博行 黒川

2014年、『破門』で第151回直木賞を受賞。 でも黒川さんってこんな警察小説を書いていたなんてそっちの方も驚いた。 、『破門』で7年ぶりに候補になった第151回直木賞を受賞。

19
会社勤めは性に合わず、辞職。

黒川博行 おすすめランキング (283作品)

博行 黒川

九六年「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞を受賞。 (主演:)• それに船体保険詐欺とか営業権の転売とか普段気にした事もない話で興味深かった。 (主演:船越英一郎)• 現場不在証明 (アリバイ)(1995年8月 角川文庫)「飛び降りた男」• 自分も彫刻をやっていたんですが、なんでそんなしんどい思いをして物を作るのかと言われたら、自分でもわからへん。

- 第24回受賞 週刊現代による名誉毀損 2011年11月10日、20回にわたるの連載記事での真犯人として扱われたとして、名誉毀損とプライバシー侵害を理由に、出版元のと週刊現代編集長、および筆者のジャーナリストに損害賠償などを求め、に提訴した。 沈黙の宴(2012年10月17日、原作:てとろどときしん)• 「黒川博行 出たとこ勝負」(2020年6月19日号)• 友永のダライコ屋は真っ当な職業ですし、本人も比較的マシな人格の持ち主ではありますが、それでもこうした連中とつるむ道を選んでしまう辺り、根っこの部分は推して知るべしと言えるでしょう。

大阪府警捜査一課シリーズ : 黒川博行

博行 黒川

- 「カウント・プラン」で 第49回(短編および連作短編集部門)受賞• 子供が絵を描くのをなんで楽しいかといっても、たぶん答えられへんのと同じかと思います。 正面から美術界に切り込んだのは、今回が初めてです。

20
デビュー直後は、ストレートな警察小説を書いていましたが、当時は警察資料も少なく、新聞記者や刑事の知り合いもいなかったので、過去の警察小説を読むくらいしか勉強する方法がありませんでした。

『迅雷 (文春文庫)』(黒川博行)の感想(30レビュー)

博行 黒川

テーマそのものは単純なんですよ。

「2021年 『矜持 警察小説傑作選』 で使われていた紹介文から引用しています。 そんな彼らが繰り広げるドラマは、どこか憎めず不思議な痛快さを感じさせます。

黒川博行 新刊情報 (283作品)

博行 黒川

発売日順に並んでいます。 耕三は、小夜子を後妻に迎えます。

19
絵が殺した女(2004年5月26日、原作:絵が殺した)• 蒼い霧(2006年1月29日、原作:八号古墳に消えて)• 卒業後 、彫刻科に学び、同学部の日本画科に通っていた妻・雅子と23歳で学生結婚する。 「オール讀物」で連載をしながら、考えていきました。

<黒川博行インタビュー>30年ぶりに「正統派」警察小説を書いた 『桃源』(黒川 博行/集英社)

博行 黒川

約二十年前に書かれた作品ながら、古さは全く感じられない。 ミステリー傑作選36(1999年11月 講談社文庫)• 桃源(2019年11月 集英社)•。 引き上げれば金目のものがあってもおかしくない」 模合でのトラブルとトレジャーハンティングに一体どんな関係があるのか、捜査の行方はもちろんだが、大阪府警内部の詳細な描写もこの小説の肝だ。

13
1983年に発表された『二度のお別れ』が、第1回サントリーミステリー大賞佳作に入選。