DockerでIT部門を悩ます本番環境の更新を一切放棄する

ストラクチャ イミュータブル インフラ

このアイデアは私にとってまだ進行形だ。 このハイプサイクルに、耳なじみのないイミュータブル・インフラストラクチャが黎明期にプロットされています。 そして、元の本番環境が今度は開発環境となり、IT部門のメンテナンス、開発部門によるアプリケーション開発に利用されます。

20
23 【更新】モノのサービス化の解説を改訂しました p36 【更新】ビジネス価値の進化の解説を改訂しました p. 言い替えますと、これまで提供されてきたそれぞれのツールがATLASを通して1つにつながることを意味しています(図2参照)。 従来のKVM等によるハイパーバイザー型の仮想化環境は、アプリケーション開発者にとってのメリットというよりもむしろ、ITシステムの管理者にとってのメリットが大きいものでした。

【図解】コレ1枚でわかるイミュータブル・インフラストラクチャーとインフラストラクチャー・アズ・コード:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ

ストラクチャ イミュータブル インフラ

本番環境を変更するときは、まったく同じ構成や能力のインフラを別に用意しておき、そこで十分なテストを実施し、問題がないと判断すれば、ネットワークの接続先を本番環境からそちらに切り替え、入れ替えようというのです。 Dockerが利用される背景 今、世界中の開発者やIT部門において「Docker」(ドッカー)が注目されています。 また、デメリットもある。

1
しかし、実際に行うとすると2重にシステムを構築するコストと工数、またそれを維持し続けて、クラッシュアンドビルドを繰り返す。 新しいパターンとアンチパターンの登場だ。

イミュータブル インフラ ストラクチャ

ストラクチャ イミュータブル インフラ

関連リンク• その理由は、古いシステムはつぎはぎのような処置がされているに違いないからだ。 例えば、銀行のオンラインシステム、原子力発電所などの制御システム、鉄道や航空機のチケット予約・販売システム、量販店の通信販売システムやクーポンシステム、通信インフラなど、絶対に停止しては困るようなミッションクリティカルシステムなどがこれに相当します。 システム運用の常識が大きく変わる。

次の例を見てみましょう。

DockerでIT部門を悩ます本番環境の更新を一切放棄する

ストラクチャ イミュータブル インフラ

【募集開始のご案内】 次期・ITソリューション塾・第32期(10月9日開講)の受付が始まりました。 本番環境と開発環境の切り替えは、負荷分散装置で業務のトラフィックの配分をうまく制御し、本番環境の一部のサーバ環境から徐々にアップデートや変更を行う方法(ブルー・グリーン・デプロイメントと呼ばれます)が一般的ですが、それに対して、稼働中の本番環境に一切手を加えず、本番環境と開発環境を一気に切り替えるのが、レッド・ブラック・デプロイメントです。 この配備作業を、物理サーバー環境の追加調達なしに行うためには、集約度の高いコンテナによる仮想環境が必要になります。

15
これを実現するために、「各サーバーを一度セットアップしたら、その後はその状態を変化させず、不変(Immutable にする」という原則をインフラの各コンポーネントに導入する。

コード化でDevOpsを支えるHashiCorpのツールと開発背景

ストラクチャ イミュータブル インフラ

なにがどう動いているのかさえさっぱり分からないのだ。

13
コード化された知識の利点は、システムによって自動実行できることだけではありません。

巷で話題のDockerとは?

ストラクチャ イミュータブル インフラ

ソフトウェア・デファインド・ペリメータ(SDP)は過度な期待のピーク期に 一方、5つの時期のうち、過度な期待のピーク期には、「ソフトウェア・デファインド・ペリメータ」(SDP)や「デザイン・シンキング」(デザイン思考)をプロットしている。 イミュータブル・インフラストラクチャでは、古い状態のものを廃棄し、サーバー環境を毎回新しい状態にするため、常に「パッチのつぎはぎがない綺麗な状態」で使用することができます。

20
また、アプリケーションのインストールすら煩わしいと感じる開発者も数多く存在します。 また、それに伴い、システムの開発においても、要件を100パーセント定義した上で、システム開発、テスト、配備を行うといった方法から、ある程度短い期間で部分的に開発・テストを行ったものをリリースし、必要に応じて追加の開発や外部になる既存のOSとアプリケーションがパッケージ化されたものを必要に応じて調達するといった、いわゆる「アジャイル開発」の必要性も同時に高まっています。