もっと上手な文章を書きたい人のための『体言止め』テクニック

止め 体言

また、主題を表す助詞のついた文節など主語に準ずる場合(「~については」等)も同様です。 そのときの状況や 文全体のバランスを考えながら 適度に体言止めを用いることで 円滑なコミュニケーションが築いていけるでしょう。 49件のビュー• 体言止めの使い方! まずは体言止めの基本的な使い方についてですね。

例 したがって、この件は・・・ しかし、それには賛成できない。

体言止めとは?例文で意味と使い方を徹底解説

止め 体言

これに該当するのが、例えば「 ~かも。

2
気持ちがあれば、何でもできる。

文法スイスイ! 「体言止め」が一瞬で分かる!

止め 体言

何でもいいから体言止めを使って 適当に想像させればOK、 というわけではありませんからね 例えば、先ほど例として挙げた 「ジュージューと音を立てる肉」の文を 下のようにしたらどう感じますか? 腹が破裂するぐらい食べ過ぎて 「オエッ」ってなりそうだった。 その具体的な例を見てみよう。 なので、想像させる事ができる体言止めは 記憶に残りやすくなるんですね …とはいえです。

このように、使い方次第では、 逆効果となってしまいますので、使い過ぎには注意してください。

第7回 箇条書きスライドは体言止めか用言止めで統一する

止め 体言

特に 法律・健康・美容・ダイエットなどに関する情報記事では控えるのが無難でしょう。

1
」 なんかラップみたいな文章になりましたね。 このように体言止めというのは多義的であり、曖昧なのだ。

名詞およびサ変動詞(断る)

止め 体言

そして、状態だとしても最低でも3つの意味をとりえる。

1
「麦のくき口に含みて吹きをればふと鳴りいでし心うれしさ」の鑑賞 長野県の農村で生まれ育った空穂の子供時代の楽しい思い出、それは常に 農村風景とともにありました。 心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ(362・) (こころなき みにもあわれは しられけり しぎたつさわの あきのゆうぐれ) 現代語訳:あわれなど理解するすべもない私にも、今はそれがよくわかるのだ。

「~から」って体言止め?

止め 体言

あってもおかしいと感じない人もいるかもしれませんが、一般的には使いません。 体言止めとは文末の最後を名詞で終わらせるもので、 文章でこれを混ぜていくことでリズムを生み出すことができます。

1
リズムが生まれる• 文章を飽きられずに読んで楽しんでもらうことは 非常に大事なことですからね。