翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 71話【ネタバレと感想】

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

ドラゴンを連れ帰ったカスティージョ家は、ドラゴンの力を得たと勘違いされる。 真っ赤になるエステルに、そうすればお嬢様はあんなこといえなくなるだろうと言う。 「うわ、やられましたね」 「本気だと思ってたんだけど」 「オレもエレンも結婚に興味が無いので、どうなんでしょうね…」 すると、コンコンと扉をノックする音が聞こえます。

7
勝手に他人の頭の中を覗く幻術のことがかと睨む公爵に、人間は嘘をつくのが上手いからなと返すドラゴン。 「この時間は冷えるので、中にお戻り下さい」 「エメル・アストラーダ!」 思わずエメルを呼び、マントを掴むエステル。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレと感想!あらすじまとめ

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

言葉が突き刺さるエステル。

怒っていないという彼に、私にではなく自分自身に怒っているのではないかと聞きなおす。 エステルは悲しむだろうと言う公爵の言葉に、お嬢様が公爵の人柄を変えたのだなと感じる。

不憫少女のいきなりドキドキ令嬢生活「ある日、私は冷血公爵の娘になった」1巻

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

突然ですが! ここからが超超超超重要です。 エステルの事が何よりも大事で最優先。

19
エステルの予言ですが、本人はかなり前向きに捉えていますね。 死んだのか、どこかへ去ったのか定かではありません。

【翻訳】ある日、私は冷血公爵の娘になった 105話【ネタバレと感想】

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

エステルは、エメルのことが好きだから言いづらいと言うと、エメルと恋人になりたいのかとアンが驚く。

18
ケルソンは、毎月お嬢様に1500ゴールドのお金を支給しているが、お嬢様は毎回残していますと答える。 覗き込むエンドは、良い剣だと誉めます。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」95話のネタバレと感想!あらすじまとめ

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

。 優秀な魔道士がいればカスティージョ家も安心ですね。

アンは、エステルのそういうところが嫌いだと言い、突然部屋を出て行った。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」103話のネタバレと感想!あらすじまとめ

翻訳 ある日私は冷血公爵の娘になった

父に会いに、エステルが応接間に顔を出すと、立ったままの父と、ソファで寝転んで寛ぐ自称ドラゴンがいた。

18
漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」95話の感想 エンドが帰ってきました。