小林製薬

製薬 あっ 小林

12月 - から薬「丸薬七ふく」ブランド(製造販売承認やなど)を譲り受けることを発表。

13
「ブルーレットおくだけ」「トイレその後に」「やわやか歯間ブラシ」「ライゾール」「熱さまシート」「のどぬ~るぬれマスク」• 「こんがり魚焼き石」• 昨日のうちでの会話。 後に、「くつ・下駄箱用消臭元」は製造終了となり、「タバコ消臭元」と「ペット消臭元」は2016年1月現在も発売されている。

経営理念

製薬 あっ 小林

・等、医薬品製造企業の本社が集まることで有名な、大阪・に本社を置いているが、在阪医薬品メーカーでは珍しく、事業としては医薬品よりも、衛生雑貨関係の印象が強い。 株式会社• 「素焼きコロンミニチュアランド」• 「サラサーティコットン100」• これは、健康や医療の分野で、• (明治27年)- 「タムシチンキ」「大効丸」「一日丸」など10種の自家製薬品を販売。 「中和分解消臭」• (朝日放送テレビ)• 同社が(平成5年)に発売した「キズドライ」は当初、傷口を洗浄した後に使用する旨の周知が不十分であったために、傷口を洗わずに使用してなどのを生じたとの苦情がに複数寄せられた。

8
(2014年5月 - 、隔日)• (平成11年) - 第二部上場。 小林吉太郎:1919年~1948年 会社経営の初代社長• 価格は小林製薬の資本金とほぼ同じ35億円。

小林製薬

製薬 あっ 小林

「中和分解消臭」• 4月 - 「シュミテクト」「ポリデント」「ポリグリップ」の3ブランドを米ブロックドラッグ社との合弁会社である 小林ブロックへ移管。 三栄源エフ・エフ・アイ• (2009年4月 - 、但し途中降板時期あり)• (昭和62年) - 現在のを導入。

19
小林製薬ならではの、スピード開発の秘密とは? これは小林製薬のグループ全員が、毎月1件以上の新製品もしくは業務改善のアイデアを提案するというもの。 銀の消臭元 トイレ用 - 2008年3月より商品名を「トイレの消臭元(イオンシトラス)」に変更した上で販売再開。

コロナ禍の「あったらいいな」に応える小林製薬、開発スピードが2倍になった理由とは (2020年12月25日)

製薬 あっ 小林

降板した武田コンシューマーヘルスケアは日曜エンタへ移動していた。 「他社も同様の製品を出してくる可能性はありましたが、消費者からのニーズがあることはわかっていたので、店頭で製品の特徴がぱっとわかるような内容・パッケージにしました。

(2018年12月20日放送、19時台、21時台、但し、21時台は木曜ドラマ枠からの提供。 この言い回しを短縮した『あっ』っていうのが、CM冒頭のナレーションの語源ということですね。

コロナ禍の「あったらいいな」に応える小林製薬、開発スピードが2倍になった理由とは (2020年12月25日)

製薬 あっ 小林

これまでの提供スポンサーだった(1994年3月までは、2003年4月から一時期までは・提供だった)から引き継いでる。 株式会社• - 日本経済新聞• 「サラサーティコットン100」• (2019年4月 - 9月、9時台隔日提供)• 今回は小林製薬の取り組みについて、日用品事業部付 戦略スタッフの山中雅史様と、同事業部パーソナルケアカテゴリー研究開発グループの泉谷紗也佳様のお二人に、弊社前古(写真右端)がお話をお伺いました。

13
また「しめ縄ようじ」や「バリカタ歯間ブラシ」などクソデカな新商品を考案する人も表れますます混沌を極めていました。

コロナ禍の「あったらいいな」に応える小林製薬、開発スピードが2倍になった理由とは

製薬 あっ 小林

()(2012年4月 - 、隔日)• ですから、社内での推進は少しずつ賛同してくれるフォロワーを増やすことから始めました。 お客さまと共に• 「無香空間」• 親戚・遠縁 [ ]• 一時期降板あり)• 「びふナイト」• さらに、(平成25年)には六陽製薬とジュジュ化粧品を傘下とし、2014年春に事業部を新設。 しかしこの状況だからこそ、スピード感を増す企業もある。

10
「サワデー」• 沿革 [ ]• (平成27年)11月 - 適用関連会社の株式会社メディコンについて、米国との合弁契約を友好的に解消し、株式会社メディコンの当社保有分の全株式を株式会社メディコンへ株式譲渡。