【芳村思風氏に聞く】 関ジャニ∞村上信五さんに学ぶ感性の力|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社

関ジャニ∞ブログ村上

異色の組み合わせが織り成す人間学談義から学ぶものは多いでしょう。 「その一つが森信三先生の言葉。 普段、スタジオではスーツ姿でMCを務める村上だが、リモートでもしっかりとスーツを着用している。

13
こういうことになるまでは私ももう78歳だから、あんまり活躍もできないなと思っていたんですよ(笑)。 『致知』の記事の中にもあるように、 私は村上さんに、これからの時代において若い人たちを引っ張っていくオピニオンリーダーになってもらいたいという話をしたんです。

関ジャニ村上信五 「若かりし頃は全部一番取りたかった」トップへの思い吐露― スポニチ Sponichi Annex 芸能

関ジャニ∞ブログ村上

萩で吉田松陰のお墓をお参りして、若い人たちのために「もしも塾」という塾をつくっていらっしゃるという。 僕の中には「時代を変えなきゃならない」という使命感があるんです。

「最初に読ませていただいた時はもう分からんことだらけでした。

『関ジャニ』村上信五の“激変”に戸惑い「芸人の永野」「出始めのIKKO」 (2020年6月12日)

関ジャニ∞ブログ村上

聞きながら涙が出ることもあるし、新しい気づきというものを与えられたり、それから先生ご自身の人間としての重厚さ、大きさ、深さ、そういうものをいつも感じているんです。

9
また、そういう影響力を持つジャニーズグループを育てられたジャニー喜多川さんの、人間を育てる力というのは本当にすごいものだなと。

村上マヨネーズのツッコませて頂きます!【人気芸人6組のウソ発見器秘蔵ネタ大放出】|番組情報|TNC テレビ西日本

関ジャニ∞ブログ村上

ぜひ月刊『致知』にご登場いただきたいと思ったものの、同時に頭をよぎったのは「ジャニーズ事務所とはこれまで全く縁がないし、うちは芸能雑誌ではないから、断られるだろうな」という勝手な先入観、諦めでした。

5
村上さんが本書と出逢ったきっかけ、感銘を受けた言葉やエピソード。 「時代を変えなきゃならない」という使命感 (行徳先生と『致知』で初めて対談をしていただいたのが33年前(1987年)ですね。

【芳村思風氏に聞く】 関ジャニ∞村上信五さんに学ぶ感性の力|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社

関ジャニ∞ブログ村上

そこで語られた内容は、11ページに及ぶ鼎談記事として掲載されており、 「1冊の本が結んだ奇妙な縁」 「本を閉じ、目を閉じ、天を仰いだ箇所」 「こうしてジャニーズ人生がスタートした」 「感性に長けた人ジャニー喜多川との思い出」 「不遇のアイドル時代を支えたもの」 「44年前の12月4日すべてはそこから始まった」 「感性論哲学が生まれた驚きの背景」 「本音と実感を鍛え、『紛れもない私』を生きる」 「世界的プロゴルファー青木功が掴んだ『前後際断』の境地」 「コロナ禍の時代をどう生きるか」 「『もしも塾』の公演を萩で行った理由」 「人間の命が最も輝く瞬間とは」 「徹底的な『集中』、そして『狂』であれ」 「村上さんが感じている命の使いどころ」 など、仕事や人生を発展繁栄させるヒントに満ちた教えが凝縮しています。 (2回目のインタビューに続く). 村上さん、38歳。

1
新型コロナウイルスの影響で、5月3日の放送以降、完全リモートに徹している同番組。 芳村先生、78歳。

【芳村思風氏に聞く】 関ジャニ∞村上信五さんに学ぶ感性の力|人間力・仕事力を高めるWEB chichi|致知出版社

関ジャニ∞ブログ村上

いまこそ、感性の時代 (これからの時代に求められる感性の力とはどういったものなのでしょうか?) 村上さんが鼎談の中でお話しされたことなのですが、ある舞台に出演した際、演出家の方に言われた通りの事ができず失敗してしまったことがあったそうなんです。 想定外の状況が起こったときの即応的な対応力の素晴らしさを、ジャニー喜多川さんが褒めてくださったと村上さんはおっしゃったのです。 そんな入り口で、分からない言葉はメモを取って調べながらだったんですけれども、気がつくとスラスラと最後まで読み終えていました。

13
その言葉に村上さんはすごく反応されて吉田松陰のお話をされたんですよ。 村上信五流の読書法 村上さんといえば、フジテレビ系列での東京五輪メインキャスターに就任したことをはじめ、歌手やバラエティータレント、俳優、司会者など多方面で活躍されています。