知っていた?米国(アメリカ)では、インフルエンザの年間死者数が多い事実!

インフルエンザ 死亡 アメリカ

下の地図は、現在のアメリカでのインフルエンザの流行状況で、最も赤い部分が大流行の地域です。

19
インフルエンザが蔓延する一番の理由は飛まつ感染ではなく、手指からの接触感染だからです。 増加率が凄い、推定ってどこかの赤い国と大差ない…。

アメリカでインフルエンザの流行が本格化 入院患者は55,000人、死者は2,900人以上

インフルエンザ 死亡 アメリカ

感染者1000万人。 では先進医療が発達しているアメリカで、なぜこれだけ死亡者数が増えてしまうのか。 それは アメリカが長年抱えている医療制度に問題があるのです。

9
新型コロナウイルスの感染による重症患者は高齢者および基礎疾患のある方であり、その他は多くの場合重症化にいたらず、場合によっては感染しても無自覚のまま完治しているケースも多いと言われていました。 が、東部で感染者が爆発的に増えたのは今年に入ってからだという。

インフルエンザが猛威を奮うアメリカ。その裏には日本も例外ではないワクチン事情が

インフルエンザ 死亡 アメリカ

日本人は発熱したら医院か病院に行って診てもらうのは普通。 もっと大きな話題となっていいと思うのですが、報道はともかく、風邪やインフルエンザの予防は徹底していきたいと思います。

5
アメリカインフルエンザと中国コロナウイルスどちらが怖い? ひじパンダのブログ読者の方は既にご存じかと思いますが、自分は現在、中国四川省成都という街に語学留学をしております。

米CDCのインフルエンザ流行状況のグラフが興味深い

インフルエンザ 死亡 アメリカ

とはいえ 今年の感染者のペースは過去最悪とも言われている。 普通のインフルエンザでアメリカでは年間死者数が数万人って本当なんですか? 普通のインフルエンザの毎年の死者数は報道されていたりするんですか? 亡くなるのは主に高齢者の方だったり入院患者さんだったりするんだと思いますが・・・ 医療費が高いと悪化しても病院に行けずに亡くなるる事もあるのかもしれませんね。 それほどまでに1万人という死者数に対する衝撃を私たちは受けたはずです。

4
米国でのインフルエンザの流行は、10月頃から始まり5月頃に終息します。

米CDCのインフルエンザ流行状況のグラフが興味深い

インフルエンザ 死亡 アメリカ

これは中国にも言える事です。 また、 月額約1300ドルの保険もありますが、 こちらはすべて医療費用は払ってもらえるみたいですが、掛け金が高いです!! 月額、 日本円で10万円以上!!かなりのハイクラスにならないと払える金額ではないようです。 この15,319人の内訳は次のとおりです。

ひじパンダも含めてコビット19のせいで留学生活が狂ってしまった方も多いと思います。 ポイントは3つです。

blog.xogeny.com : 全米でインフルエンザの猛威続く 死者1.4万人、感染者2600万人

インフルエンザ 死亡 アメリカ

・携行品損害は1年間の補償限度額が50万円となります。

13
70歳未満で標準報酬月額28万~50万円の方の場合、元々国民皆保険制度で医療費は3割負担なので 自己負担額は30万円となります。

インフルエンザが猛威を奮うアメリカ。その裏には日本も例外ではないワクチン事情が

インフルエンザ 死亡 アメリカ

今年は子供の症状が深刻化するケースが多く、すでに小児の死者数は78人となった。 また、先週だけで1,800人がインフルエンザ様疾患(influenza-like illness: ILI)が確認されているほか、長期ケア施設で10件の大規模感染が報告されています。

3
2017年から2018年にかけて、 アメリカでインフルエンザで死亡した人はなんと 8万人(推定)!! 過去40年間で最も死者数の多いシーズンとなったことを米国の公衆衛生当局が当時明らかにしています。 日本のように、 自己負担額9万円でがん治療などとても出来る仕組みではないのです。

【年間死亡者数3,000人超】コロナウイルスより恐ろしいインフルエンザ

インフルエンザ 死亡 アメリカ

頑固な息子で申し訳ない。 これは、 医療総額費用が4000ドルにいかない場合は、自己負担という保険です。 どうもありがとうございました。

10
欧米ではマスクや予防接種とかもしないんですよね。 場合によっては、コロナウイルス肺炎よりも注意を要する病気と言える。