メディアファクトリー新書(新書、実用)の作品一覧

ファクトリー メディア

シリーズ - トレーディングカードゲームの製作。 ロシア貿易祭り(ハルピン)• TRF• (平成10年)、パイオニアLDC(現・)と合弁でレコードレーベル「」を立ち上げたが、後に提携を解消している。

8
(2006年、2007年、2008年、2012年アニメ放送)• アニメ [ ] 株式会社メディアファクトリー、KADOKAWA・メディアファクトリーBC、KADOKAWA(メディアファクトリーブランド)がパッケージソフト化した作品や、アニメ製作に参加した作品を挙げる。

メディアファクトリー新書(新書、実用)の作品一覧

ファクトリー メディア

(同)• - 2014年10月以降、新刊の編集は角川書店が担当。

I・II・III ストーリーオブリルガミン (1999年) 書き換え専用• 編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。

メディアファクトリー新書(新書、実用)の作品一覧

ファクトリー メディア

(2017年アニメ放送)• (2000年)PlayStation• K-1グランプリ• (毎月27日発売)• オフィシャルコレクションファイル (2002年)ゲーム• メディアファクトリーの品番を使用している為、一部ネット通販ではメディアファクトリー表記で販売されている• Comma(品番はMKCC) - ミュージックマイン事業部のレーベル。 主な雑誌・書籍 [ ]• 「田村正和」演舞場公演• カテゴリ• (版権がから移った。

(エロBL専門のウェブコミック配信サイト)• (同)• (平成13年)7月、ミュージックマイン事業部を株式会社セブンティ・ドラムスに譲渡。

メディアファクトリー

ファクトリー メディア

(2012年にピカチュウレコードのレーベルが消滅したため離脱)• カナメとハルキー• (と共同)• (2010年アニメ放送)• ま〜わ行• ポケットサクラ (2000年)• DAVID TAO(アジア)• (2009年、2011年アニメ放送)• レーベル担当の寿福知之がKADOKAWA退社後、株式会社FABTONE【ファブトーン】を設立し、レーベル共に独立• シリーズ• (2016年アニメ放送)• RADTONE MUSIC(品番はRADC) - 現在は株式会社FABTONEのパンクレーベル。 また映像ソフトのうち、を製作委員会に参加する形で多数製作しているほか、近年は往年のアニメ・子供向け教育番組をパッケージソフト化することに力を注いでいる。

14
札幌雪まつり• (2018年アニメ放送)• (平成11年)8月、と共同出資でを設立。 この頃は怪談誌の編集が角川書店ブランドカンパニー(当時)に変更されたり、メディアファクトリー新書が角川新書に吸収されている。

メディアファクトリー新書(新書、実用)の作品一覧

ファクトリー メディア

(同)• (2001年)PlayStation• 音楽レーベル [ ] 現在はKADOKAWAレーベルに統一されており、MEDIA FACTORYレーベルの音楽ソフトは発売されていない。 2020年アニメ放送• シリーズ• (リクルートから譲受のゲーム雑誌)• (にも所属)• 2011年5月以降配信終了) コンピュータゲーム [ ]• コラムスGB 手塚治虫キャラクターズ (1999年)ゲームボーイカラー• (2015年アニメ放送)• (2000年)ゲームボーイカラー• シリーズ• シリーズ• (同)• コンサート、各種イベント等におけるレーザー機器を使用した 空間ビーム及びレーザーグラフィックによる演出• (2012年アニメ放送)• (2018年アニメ放送)• YouTubeチャンネル「メディアファクトリーTV」は「KADOKAWAanime」に統合されることを受けて、2020年を最後に更新停止となった。

(2009年アニメ放送)• access• Urban Linx Records(品番はULRC)• 霊刻 池田貴族心霊研究所 (2000年)PlayStation• (品番はMFCZ) 過去に販売を受託していたレーベル [ ]• シリーズ• (2013年アニメ放送)• シリーズ• 販売受託先は日本クラウン。

レーザーメディア・ファクトリー<コンサート、各種イベント等でのレーザービーム及びレーザーグラフィック演出>

ファクトリー メディア

林 俊杰(中国) <イベント>(抜粋)• (初期品番はTG、1999年以降の品番はZMCP)• 黒龍江省運動会(牡丹江)• シリーズ• シリーズ• (平成9年)、リクルートのエンターテインメント領域グループ企業再編に伴い株式会社ミュージックマイン(旧社)を吸収合併。 (2019年アニメ放送)• (2018年ドラマ放送)• 善光寺ライトアップ• (コミックエッセイ専門のウェブコミック配信サイト)• 2020年アニメ放送• また、株式会社メディアファクトリー時代から製作・配布してきたアニメのパンフレット『メディファクマガジン(MEDIA FACTORY MAGAZINE)』も2016年を以って終了し、2017年以降は『KADOKAWAアニメマガジン』を製作・配布している。 (へ移籍)• 2015年3月31日閲覧。

(同)• バンダイイベント• Mono Creation(品番はMCCK) - との音楽分野での協業により設立されたレーベル。

レーザーメディア・ファクトリー<コンサート、各種イベント等でのレーザービーム及びレーザーグラフィック演出>

ファクトリー メディア

、としてドラマ化、映画化され世界展開)• それに伴い、登記上の本店住所を、8丁目4番17号にあるからのNBF渋谷イーストへ移転。 (同)• 三菱東京UFJ銀行 鶴川支店 業務実績 <コンサート>(抜粋)• (2014年アニメ放送)• シリーズ• (2017年ドラマ放送)• 後者もKADOKAWAの子会社であると一部重複・競合する事業内容ではあるものの、同様に継続している。 (から譲受の)• (の旧メンバー、2019年4月に前島麻由名義でソロデビュー、にも所属) 過去に所属していたアーティスト [ ]• (2011年アニメ放送)• への配信作品も、2013年秋放送開始の作品までは同様だったが、同年末よりメディアファクトリーやドコモ・アニメストアも含めてほぼ全作品の提供が運営元のニワンゴに譲渡された。

(2014年アニメ放送)• (女性向け怪談文芸誌 4月・10月の年2回発売) - 2014年10月以降、新刊の編集は角川書店が担当。 (2001年)ゲームボーイカラー• UBUDAS(小泉チルドレンの自己PR本)• (2000年)ゲームボーイカラー• (2014年アニメ放送)• CLUSTER SOUNDS(品番はCSMC) - 現在は株式会社FABTONEのレーベル。

メディアファクトリー新書(新書、実用)の作品一覧

ファクトリー メディア

シリーズ• 三井住友銀行 経堂支店• (2006年アニメ放送)• 同時に株式会社セブンティ・ドラムス(株式譲渡完了後、株式会社ミュージックマインに商号変更)と株式会社ミュージックマイン・アイディーの株式をに譲渡。 元代表取締役社長のはリクルート時代にの創刊編集長、、の編集長を務めていた。 (にも所属)• 2015年以降、KADOKAWA名義でパッケージソフト化を行っているが、現在もパッケージには「MEDIA FACTORY」のロゴが使用されている(発売元がフロンティアワークス、などの受託商品は除く)。

14
(2017年にASCAとしてより再始動した)• 演出用レーザー機器の販売及び施工 取引銀行• (と提携したウェブコミック配信サイト)• (2015年2月に他の角川系新書レーベルと共にに統一)• 販売受託先は日本クラウン。

メディアファクトリー

ファクトリー メディア

(全10巻の実話集。

14
カルドセプト セプターズギルド VOL.2 (1999年)PlayStation• (2015年、2016年アニメ放送)• (2013年アニメ放送)• 天空のレストラン (2000年)PlayStation• (2008年アニメ放送)• A-MEI(台湾)• シリーズ な行• (『』まで劇場版アニメ製作委員会に参加。 藤井フミヤ• (品番はMKCS) - ミュージックマイン事業部のレーベル。